ダイエット中の急な体重増加

ダイエット中なのに体重が増えた? 原因と対処方法

体重増加の原因

5kg以上の減量を目標にしている人で、”目標体重まで順調に体重が減る”人は少ないでしょう。
はじめは順調に痩せていっても、徐々に思うように減らない・停滞期で体重が減らないといった壁にぶつかります。

中には、ダイエットをしているのに1日で、或いは短期間で、“急に体重が増えた”という経験をしたことがある人もいるでしょう。

停滞期などよりも一番ストレスが溜まるのが「体重の増加」です。

しかし、それにはちゃんと原因があり、気にしないでよい場合も多いです。

よくあるパターンごとに見てみましょう。

ダイエットしているのに体重が増える原因

体重が増える原因(1) 塩分の摂りすぎ

いつもと食べる量が同じでも、塩分の高い料理を食べると知らず知らずの内にいつもより水分を摂ります。
水分をあまり飲まなくても、飲んだ水分は 体内の塩分を薄めようとして体の外に出ずに溜め込まれます。

塩分を摂り過ぎただけでも1日で1kg程増えることがあります。
この場合は、気にしなくとも塩分の量に気をつければ、1日で体重は元に戻ります。
痩せている人でも、水分による誤差は良くあることです。

体重が増える原因(2) 夏の食生活が原因

暑い時期夏バテになり、食事量が減った・アイスやジュースなど冷たい物ばかり口にしていた・そうめんや冷麺といった単品メニューをよく食べていた。といったことが原因で体重が増えることがあります。

夏はただでさえ代謝が下がっている上に、冷たいもの・さっぱりしたものばかり、という食生活をしていると栄養不足になり代謝が低下します。

そして、涼しくなるにつれて徐々に胃腸の調子も良くなり食欲がでてきます。夏の間栄養不足だった体は、「待ってました!」といわんばかりに食べたものを一気に吸収します。夏の食生活で代謝も下がっているので、もちろん太りやすくなっています。

秋になると体重が一気に増えるという人は、夏の過ごし方が原因となっています。

代謝を上げるためには、体を温めること、栄養バランスの良い食事をする。

自分の出来る範囲で良いので運動も取り入れましょう。

体重が増える原因(3) 生理前や生理中

生理の1週間前から生理3日目くらいは、体重が増えやすくなっています。
私の場合は、1週間どころか酷い時は10日前から増えることが多々あります。

これも先程と同じく水分が関係してきます。
生理前になると、徐々に水分が体内に溜まるようになっています。
そのため、代謝が悪くなる・むくみが酷くなる・便秘になりやすいなどといったことが起きます。

また、喉が乾きやすく無駄に水分を摂ってしまうこともあります。
生理が始まると体に溜まった水分は徐々に抜けていき、生理が終わる頃には元の体重に戻るので、気にする事はありません。

体重が増えたからといって、食事制限をしたり運動を増やしたりせず、今まで通りの生活を行いましょう。
無駄に喉が乾いて水分を摂ってしまう人は、炭酸水でうがいをすると喉の渇きが抑えられます。
私はいつもそうしています。
そうすると、少しでも体重増加を抑えることが出来ます。しかし、無理は禁物です。

生理中のダイエットに無理は禁物。生理後は「やせ期」到来!
生理中のダイエットに無理は禁物。生理後は「やせ期」到来!
生理前・生理中のダイエットはほどほどに。 生理中はダイエットに不向きな時期。焦らずに体を休めることを大切に! 生理前から生理...

体重が増える原因(4) 筋肉痛

山登りやスノーボードやスキーなど、普段行わない運動やスポーツをすると脚がパンパンに張り酷い筋肉痛になりやすいです。

「いつもより沢山動いたから痩せているかも?」と思って翌日体重計に乗ると増えているって経験ありませんか?
それは、筋繊維の炎症部分に水分が溜まり込みやすくなっているからです。
その為、むくんだ様に脚がパンパンになります。

これは一時的なものなので大丈夫です。
炎症が治まると同時に、体重もきちんと元に戻ります。
筋肉痛を治すことだけ考えて下さい。

急に体重増加

体重が増える原因(5) 便秘

毎日出ているからといっても”スッキリ”しないのならば、それは便秘です。
すぐに治れば良いのですが、スッキリしない日が続くと腸に残留物が少しずつたまり、ある日突然体重が増えることがあります。

「スッキリしないけど、体重が増えてないから良いや。」と放っておかず、すぐに便秘を改善する努力をしましょう。
でなければ、体重が増えたとき、元に戻すのが困難になります。
便秘の時はダイエットよりも便秘を治すことを優先しましょう。(カテゴリー:「便秘とダイエット」

体重が増える原因(6) 寝不足

きちんと7時間以上睡眠をとると約300kcal消費されると言います。
睡眠が短いとその分消費カロリーも減ります。また、腸の調子も悪く便秘や下痢にもなりやすいのです。
なので、寝不足の日は体重が増えることがあります。
それだけでなく、寝不足の日は頭の働きや体内の働きも悪く、無意識に食べ過ぎる場合もあります。
さらに消費・消化ともに低下しているので太りやすいのです。

誰しもが寝不足の日はあります。
そんな日の夜は夜更かしせず、十分な睡眠をとって体重を元に戻すようにしましょう。
なるべく寝不足の日を減らし痩せやすい体質にすることが、体重増加を抑える一つの方法でもあります。

熟睡すると痩せる!?
熟睡すると痩せる!?
上質な睡眠はダイエットの強い味方 上質な睡眠は300kcalも消費する! ダイエットに必要なこといえば、食事と運動ですが、それ以上に...

体重が増える原因(7) 積み重ね

外食など明らかに食べ過ぎた日の翌日は きちんと食事を管理する人が多いです。
しかし、つまみ食い・カロリーが低いから・ゼロカロリーだから といって食べる人は、食べたことを忘れがちです。
そして、翌日体重を測っても増えていないからといって、調整するどころか安心して頻繁に食べる。
その結果、徐々に体に脂肪が蓄積されて ある日突然体重が増えるケースがあります。

すぐに体重に表れないので原因が分からずストレスにもなります。
食べるならきちんと食べる・中途半端な食べ方をしない。
また、低カロリーやゼロカロリーといった人工甘味料ではなく、自然な甘味料(砂糖・蜂蜜など)を使用した物を食べましょう。

カロリーオフ、カロリーゼロは太りやすい!
カロリーオフ、カロリーゼロは太りやすい!
低カロリー食品は太りやすい! 「カロリーゼロ」の落とし穴 最近では、"カロリーオフ"または、"カロリーゼロ"の商品が多く販売されてい...

食べた物が脂肪になるまで2週間かかります。
なので、つまみ食いしたけど体重が増えていない からといって、油断は禁物です!
何を食べたかをノートに書き込んでいると原因が分かり、今後気をつけるようになります。
書くのが面倒な人は、写真などでも良いでしょう。

レコーディングダイエットの正しい書き方
レコーディングダイエットの正しい書き方
私が最終的に現在の体重まで痩せることが出来たのが、レコーディングダイエットです。 順調にダイエットがすすんでいたある日...

体重が増える原因(8) 痩せる前ぶれ?

私の場合は体重が減る前に、一度何故か体重が増えます。
食べた物や行動を毎日書いていたのですが原因が分からず、様子を見ていると体重が増えた分よりも減る、といった現象が毎月同じ日にちくらいに起こりました。

ですので、全く心当たりが無いといった人は少し様子を見てみましょう。
もしかしたら私と同じパターンなのかもしれません。

正しいダイエットをしていれば焦る必要はない

このように、急な体重増加にはきちんと理由があります。
ただし、これらは正しいダイエットをしている人の場合です。

間違ったダイエットをしていると体が栄養不足や飢餓状態となるため、最初の内は体重が減っても、後々体重が増える結果となります。(リバウンド)
なので、間違ったダイエットの方は、正しいダイエットに戻しましょう。

また、体重だけにとらわれて、焦ってしまうのもよくありません。

余計な心配をしなくてもすむように、体重の量り方にも気をつけましょう。

【正しい体重の量り方】ダイエットで重要なのは体重ではなく「体脂肪率」
【正しい体重の量り方】ダイエットで重要なのは体重ではなく「体脂肪率」
大切なのは、体重を量る回数よりも「量り方」 「体重」は単なる体全体の重さなので、太ったか痩せたかを正確に判断できませんが、やはり一...

1日で1.2kg誰しも体重の変動があります。
水分の量ですぐに体重は変わるのです。増えた翌日に体重が戻っていれば、それは水分です。

なかなか元の体重に戻らない場合は、上の9項目を照らし合わせてみて下さい。