ダイエットに効果的な入浴は食後・寝る前がおすすめ。

bathing

突然ですが、みなさんお風呂に入るのは食後ですか? それとも食事前ですか?

最近「入浴前と入浴後では、どれくらいウエストに差が出るのだろう?」と気になって実験してみました。

「食後の入浴」でウエストマイナス3センチ!

たくさん外食した日に測ってみて、入浴前のウエストが63センチ

それが入浴後に測ってみると60cmと、入浴前に比べてなんとマイナス3センチです!

これには驚きました。

いつも入浴前と入浴後には鏡を見ていたので、「入浴前に比べるとお腹がへっこんでいるなー」というのは実感していたのですが、まさかここまで変わるとは思っていませんでした。

では、ダイエット的に入浴は食後・寝る前が良い というテーマで今回は書いていきます。

お風呂は食後に入るべき

ダイエットの為を思うなら、必ず食後にお風呂に入る方が良いです。

それは、少しでもカロリーを消費するためお腹をへっこませてから眠りにつきたいからです。

1日の中でもっとも消費カロリーが少ない時間帯は「夜」です。

朝や昼は、仕事・学校・家事など、何かしら体も頭もを動かすので、多少の食事をとってもカロリーは消費され、エネルギーに変わっていくので脂肪はつきにくいです。

しかし、夜はあまり体を動かさないので消費カロリーは低くなり、代謝も落ちていくので、食事でとった栄養はエネルギーに変わらず脂肪になりやすいです。

入浴することで体が温められ、血行・代謝が促進されるので、若干ですがカロリーは消費されます。

同時に、リラックス状態になれることで、入浴後の睡眠にも良い影響を与えます。

熟睡すると痩せる!?
熟睡すると痩せる!?
上質な睡眠はダイエットの強い味方 上質な睡眠は300kcalも消費する! ダイエットに必要なこといえば、食事と運動ですが、それ以上に...

「食事する前にお風呂に入ると空腹が抑えられる」 ・・?

「食事する前にお風呂に入ると空腹が抑えられる」と言いますし、確かに空腹は抑えられます。

しかし、それは一時的なものです。

これは私の経験則ですが、食事前に入浴すると太りやすいです。

時間が経つに連れて、徐々に入浴前の空腹に戻ってきます。それも食事中に!

『運動をして直ぐに食事をとると、吸収率が高まっているから脂肪になりやすい』のと同じで、入浴でカロリーを消費した後は吸収率が高くなっているので、脂肪になりやすくなっています。

食後お風呂に入らなくていい(=動かなくていい)といった安心感から、知らず知らずのうちに食べ過ぎてしまうのかも知れません。

食べた後、「動かないといけない」と思うとあまり食べることが出来ません。動くのがしんどくなってくるからです。 「そういった油断から人間は、徐々に太っていくんだなぁ〜」と実感しました。

そういうこともあって、余程のことがない限りは食後にお風呂に入るようにしています。

ダイエットに効果的な入浴方法

1、40〜43度のお湯で20分〜30分全身浴

40度〜43度のお湯で20分は全身浴をします。

昔、『全身浴は芯から温まらず、体の表面だけなので意味がない』 と言われていた頃がありましたが、そんなことはありません。

手足の先までしっかりと温め、血行やリンパの流れを良くするには、やはり温かいお湯に浸かるのが一番です。

半身浴が良いとされていたことがありましたが、半身浴は胸から上がお湯に浸かっていないことと、お湯の温度が低いため、徐々にお湯は冷めてきて首や肩が冷えて寒くなります。

冷えると血行が悪くなり、皮下脂肪もつきやすくなります。また、カロリーもさほど消費されません。

ですので、私は「半身浴のダイエット効果」はあまり信用できません。

特に冷え性の人には、半身浴は逆効果です。

全身浴は、全身が温まり首や肩のコリも解れ、リラックスできる。

また、消費カロリーも40度のお湯に10分浸かって40kcal、温度が1度上がることで倍の消費カロリーが得られます。(諸説あります)

それだけでなく、水圧によって全身のマッサージ効果が得られるので、体がほぐれ、血行が良くなるので代謝もUPします。また、むくみ解消効果も得られます。

ただし、心臓の弱い方には高温のお風呂はNG! そういう人は、少し高めの温度で半身浴をしましょう。

2、手足のマッサージをする

マッサージをすることで体が温まり血行が良くなります。

血行が良くなることで脂肪が分解されやすく、むくみ解消効果が得られます。

体が冷えると皮下脂肪がつきやすくなり、それがセルライトとなります。ですので、体を温めてあげなくてはなりません。

この効果が一番得られるのがお風呂でのマッサージです。

シャワーの水圧を使ってマッサージをしたり、湯船に浸かりながらマッサージすると更に血行が良くなるので、消費カロリー・代謝も高まります。

3、入浴をする2時間前に筋トレ

筋トレをすると「アドレナリン」という代謝を上げるホルモンが分泌されるので、筋肉がつく・つかないに関わらず、すぐに代謝が高い状態になり、数時間〜最大48時間はこの状態が続くと言われています。

また、筋トレ後は「いつもより多く脂肪を使って体を動かすエネルギーにしている」ことも分かっています。

ですので、筋トレをした後に入浴することで脂肪燃焼され太りにくくなります。更に効果を得るには、先ほどの”手足のマッサージ”をすると良いです。

注意点

筋トレをしてスグに入浴をしないこと。本来筋トレのあとは冷やさなければいけません。

筋トレ後の入浴は2〜3時間後にしましょう。

ダイエットに効果的な入浴方法まとめ

食後に入浴する

温かいお風呂に全身つかる

お風呂では手足のマッサージ

筋トレ後は効果があるが、必ず2,3時間あいだを空ける。

これだけ気をつけていれば、疲れやむくみが取れてスッキリ、お腹も凹みます。

また、ある程度食べた物が消化されることで、質の良い睡眠をとれます。

良質な睡眠をとることもまた、ダイエットに大切なことです。

現在、食事前に入浴をしている方は、食後に入浴するようにして、ダイエット効果を得ましょう。