冷え性の人は要注意「唐辛子は体を温める」は大間違い

唐辛子は「体を冷やす食材」

red hot chili pepper

体を温める料理といえば「唐辛子」を連想する人は多いと思います。
私もその一人でした。

脂肪を燃やし、体も温めてくれるからダイエットにも冷え性にも効果的な食材♪

と思って、ほぼ毎日一味をかけたり、唐辛子を使った料理を食べていました。

カプサイシンには体を冷やす作用がある

ところが、唐辛子は、体を温めるどころか反対に冷やす食材の代表だったのです。
確かに唐辛子に含まれる”カプサイシン”という成分は脂肪を燃焼してくれる為、ダイエットに効果があるのですが、それ以上に体を冷やす作用が強いので却って逆効果になってしまうのです。

現に、唐辛子を多く使う料理といえばタイやインドといった暑い国です。これらの国では、熱い体を冷やす為にあえて唐辛子を食べています。

その仕組みというのは、唐辛子を食べると汗がでます。このとき、一時的に代謝が上がります。

しかし、大量の汗をかくと皮膚が水分で覆われ、この水分が気化する時に体の熱を覆います。だから、体が涼しくなるのです。
これは、運動をして汗をかいた時や水に濡れた時、拭かずに放置していると寒くなったりするのと同じ原理です。

なので、暑い地方に住んでいる人が「涼しく」なる為に唐辛子を食べるのは正解です。

しかし、冷え性で悩んでいる人が唐辛子を食べる事は、却って冷えを悪化させる原因になるので間違いです

同じ唐辛子でも「キムチ」を使った料理は例外

唐辛子は「体を冷やす」と悪者扱いしましたが、例外があります。
それは、キムチ料理です。

なぜなら、キムチ料理にはニンニクやショウガといった代謝を上げる薬味がたっぷり入っているからです。ニンニクやショウガには、体を冷やすカプサイシンの負の作用を打ち消す作用があるからです。

唐辛子+ニンニク・生姜で冷え性にもダイエットにも効果的

ですから、唐辛子の辛い料理を食べる時は、ニンニクやショウガをプラスして食べる事で、冷え性やダイエットにも効果的になります。
唐辛子だけはNG!ショウガやニンニクをプラスしたらOK!」と覚えておくようにしましょう。