ダイエット中におすすめ! デザートレシピ

里芋のアイスクリーム

里芋アイス

これは「ためしてガッテン」で知ったデザートを少し自分なりにアレンジしたレシピです。
ほとんど同じなのですが、少しの手間をかけるだけでより美味しくなります。
ダイエット中の人だけでなく、健康にも良いので、小さいお子様にもオススメです。

サトイモのアイスクリーム

(材料 4人分)

・さといも 200g(実際使用する分量。皮つき250~300g)
・砂糖 40g
・牛乳または生クリーム 大さじ3
・レモン汁      小さじ1
・塩       少々

(サトイモアイス 作り方)

  1. サトイモを皮付きのまま蒸し器 又は電子レンジで蒸らす。
    目安としては、触って潰れそうな程柔らかくなるまで蒸します。でないと、甘みや粘りが少なくなり、舌触りもよくありません。
  2. 柔らかくなったら、温かいうちに皮を剥きます。柔らかいので手で簡単に剥くことができます。
  3. 剥き終わったら200g量り、素早くマッシャーなどで潰します。
    ある程度潰れたら、裏ごします。(裏ごしをするとしないのでは、味が全然違います。なので、美味しく食べるには是非行って下さい。)
  4. サトイモが冷めてしまっていたら、少しレンジで温めてから砂糖を加え、ゴムベラや木ベラなどで良く混ぜ、粘りを出します。そうしたら、次に塩を加え再び混ぜる
  5. 混ぜ終えたら、次に牛乳か生クリーム・レモン汁を加え、よく混ぜます。(レモン汁の変わりにバニラオイルやブランデーにしても◎)
  6. 混ぜ終えたら、容器にうつして冷凍庫で凍らします。時々、冷凍庫から出して混ぜてあげましょう。
  7. 出来上がったら、少し溶かしてから全体を混ぜて器に盛ります。お好みで黒蜜やきな粉をかけても美味しいです。

ほとんどがサトイモで作られている為、とてもヘルシーで低カロリーのアイスになります。

サトイモの粘りがトルコアイスのような食感と滑らかさになっています。

また、デザートなのに野菜の栄養もとれるので、ダイエット中の方には特にオススメ! さらに、サトイモは便秘にも良い食材です。
番組では、牛乳のところを水と書いてありましたが水よりも牛乳の方が断然美味しく出来上がりました。

もう少しコクが欲しければ生クリームの使用をオススメします。

その場合、植物性ではなく動物性を使用しましょう。

マーガリンよりバターが良いのと同じで、生クリームも動物性の方が健康やダイエットにもよいです。
そして裏ごしですが、裏ごしをしないとサトイモの食感が残り、アイスとは違った食感になったので「アイスクリーム」を求めるなら裏ごしをした方が良いです。

私は、裏ごしした方が断然美味しいと思いました。
砂糖は、上白糖でもグラニュー糖でも構いません。グラニュー糖にするとあっさりになります。また、冷え性の方は白い砂糖よりブラウンシュガーなどの茶色砂糖をオススメします
レモン汁の量は足りなければ、味見をして増やしても構いません。

レモン汁の代わりにブランデーを使うと大人な味になり、これもこれで美味しいです。バニラオイルにするのもお勧めです。その都度変えて味を楽しむのも良いでしょう。

そのまま食べても美味しいですが、きな粉や黒蜜をかけても美味しかったです。両方かけるのもおすすめ‼︎ 色々なトッピングでオリジナルを作るのも良いです。

低カロリーに作られたデザートは、どうしてもあまり美味しいと思えないことがほとんどなのですが、このサトイモアイスは低カロリーなのに美味しく食べることが出来ました。

友人や家族にも好評でした。また材料費も安く、簡単に作れる所も良いです。

ダイエット中は、甘い物を控えがちですが、これならあまり気にせず美味しく食べられるので是非試してみて下さい♪