「食べ過ぎた!」翌日するべき対処法

昨日の食べ過ぎをリセットする為の対処法

食べ過ぎた翌日は意を休めて

外食や旅行・飲み会などで食べ過ぎた翌日、増えていると分かっていても体重計に乗り現実を目にするのは躊躇われます。

そして分かっていても、体重が増えていると気分が沈み焦ってしまいがち。
しかし、安心して下さい!

正しいダイエットをしているのなら、2、3日では脂肪になりません。

脂肪になるのは2週間後です

なので焦らずとも、3日以内に対処すれば体重は元に戻ります。

私の経験上早くて1日、遅くとも3日で元に戻すことができています。

ただし、これは1~2日食べ過ぎた場合です。何日も食べ過ぎた場合は、2週間後より早く脂肪になる恐れがあるので要注意‼︎

すぐに脂肪にならない理由とは

その場でエネルギーとして燃えるカロリー以外は、腸で吸収されエネルギーになります。

食べ過ぎた余分な物は、糖分として肝臓に蓄えられるのです。なので、肝臓に止まっているうちに燃やしてしまえば良いのです。

ただし、肝臓に蓄えられなくなった分は、脂肪になるスピードが早くなります。

なので、連日の食べ過ぎはNG!

本当にお腹が空くまで食べない

「ダイエットは食べて痩せる」のが正しい方法です。

だからといって、お腹が空いていないのに食べるのはNG!

無理にいつも通り食べようとしなくて良いです。

お腹が空いていないということは、消化できていないのです。

それを、無理に食べると太る原因になります。
前日に食べ過ぎた場合、翌日はあまりお腹が空いていない場合が多いでしょう。

なので、本当にお腹が空くまで食べない。もし翌朝お腹が空いている場合は、固形物より新鮮な野菜やフルーツをミキサーにかけてジュースにして飲むと良いです。

簡単にいうと、グリーンスムージーなどです。

「酵素ダイエット(グリーンスムージー)に効果はあるか?」でお話ししたとおり、酵素を得る目的や置き換えダイエットの目的で飲むのはオススメ出来ませんが、こういった場合にグリーンスムージーを飲むのは良いです。

でも、なるべく前日の食べ過ぎた物を消化しないといけないので、朝は出来れば水やノンカロリーの紅茶などで過ごすことをお勧めします。
ここで、注意して欲しいことが一つ!

本当の空腹を知ること

お腹が鳴る=お腹が空いたと思われがちですが、それは間違いです‼︎
お腹が「ぐー」となるのは「そろそろ胃が空っぽになってきた」という合図です。

少し我慢するとその空腹は収まります。そして、再び空腹が訪れます。

この2回目の空腹こそが”本当の空腹”です‼︎
この時に、食事を摂りましょう。

消化の良い食事をする

お腹が空いたからといって、いつも通りの食事をするのでは無く、消化の良い食事をしましょう。私のお勧めは「雑炊」です。

野菜をったっぷり入れるのがポイント。
野菜をたくさん入れる事で、野菜の甘みがでて無駄に味付けをする必要がない為、塩分も抑えられます。

また満足感も得られ、栄養も採れ、お米も少量で作れます。体も温まるので代謝も良くなります。
更に刻んだ生姜を加えると、消化率もアップします。

雑炊の他には、スープ類もお勧めです。

こちらも同じく野菜をたっぷり入れましょう。

ただしシチューのような濃い味はNG! 胃に負担がかかります。

ミネストローネやコンソメベースのものが好ましいです。
私は、味噌汁に大根やもやし・えのきなどのキノコ類・茄子キャベツなどたくさんの具を入れて作っています。

飲むよりも食べるといった感じです。

これらを食べ過ぎた翌日から2日間は、夜に食べています。そうすると体重は元に戻っています。

体重が増えていなくとも、外食をした翌日は胃が疲れているので、正常に戻す為に行っています。

大体の方が、お昼は仕事場や学校で食べる事が多いと思います。

その場合、お弁当なら野菜や白身魚といったヘルシーなものにしましょう。

お弁当以外の方は、和食中心で胃に優しい物を選んで食べて下さい。

いつもより量は少なめの方が良いでしょう。

以上が、食べ過ぎた時の対処法です。

体重が増えたからといって、1日で戻そうと無茶な食事制限をするのでは無く、2、3日かけてゆっくりと元に戻しましょう。 焦ると良い結果は出ません。

そして、あせって間違った頑張り方をするとリバウンドを招きます。
細い人でも食べ過ぎる事があります。

しかし、細い人は自然と体が消化しやすい食べ物を求めます。また、空腹まで無駄に食べません。だから、太らないのです。
そういった体になる為には、まずこれらを癖づけることが大事。

そうすると食べ過ぎても自然と体重は元に戻り、ダイエット成功に近づけるでしょう。

広告