お腹周りのエクササイズ その2 (コアリズムの効果)

効率的な筋トレをして引き締め&ダイエット

ダイエット筋肉

最近は女性でも腹筋を鍛える人が多くなりました。

お腹にうっすらと筋肉のラインがあると、綺麗でとても魅力的です。

お腹に筋肉をつける方法でもっともポピュラーなのが“腹筋”ですが、今までに何もしていない状態から腹筋だけで筋肉をつけるのは効果も出にくく、女性には少し大変だと思います。
私も初めは腹筋をしていましたが、思ったよりもなかなか効果が表れず、悩んでいたところに 「コアリズム」 をコンビニで発見して試しに購入。

コアリズムの効果

最初は、半信半疑でやっていましたが、1週間程でウエストが3cmほど減りました。

そして徐々にお腹周りに筋肉がつき、縦とお腹の横にうっすらと筋肉の線ができました。

初めの3日間ほどはなかなかついていけず大変でしたが、1週間もすれば大体踊ることが出来ました。
完璧に踊れなくても効果は出ます。 が、”なんとなく動いているだけ”では効果は出ません!

効果を得るには、”お腹に常に力を入れる” ことが何よりも大事

ちゃんと踊ろうとして、そればかりに気がいってしまうと力を入れることが疎かになってしまいます。

それでは効果が出るのも遅くなります。

更に効果を得る為には、鏡を見ながらすると良いです。

そうすると「基本の動作」だけでも十分に効果は得られます。
腹筋などの筋トレも同じですが、鍛えたい所に力を入れなければ、いくら回数が多くとも効果は得られません。

ちゃんとした腹筋は難しい

腹筋は「起き上がること」に力を注ぎ過ぎて、お腹の筋肉ではなく首の筋肉で起き上がってしまっていたり、勢いで起き上がってしまっている場合が多いため、お腹の筋肉をちゃんと使えていない場合が多いです。
その点コアリズムは、腰を動かす動作なのでお腹に集中しやすいです。

また、お腹全体を使うので下腹部やお腹の横などにも効果が得られます。

お腹の横の筋肉を鍛えると、くびれができ、筋肉の縦線もつきます。
はじめから踊ろうとせず、慣れるまでは「基本の動作」だけでも構いません。
むしろ、そちらの方がゆっくりなのでお腹に集中しやすく、力も入れやすいので鍛えやすいです。

ただし、人にもよりますが、初めの1ヶ月は1kg程体重が増えます。

しかし、それは脂肪ではないので安心して下さい。

1ヶ月が過ぎると少しづつ体重が減り始めます。

真面目にするととても疲れるので、カロリーも消費しやすいです。

ただ、動いたからといって食べ過ぎると太るので食事には気をつけましょう。

筋肉がつくと、筋トレも効果的になる

コアリズムである程度筋肉をつけると、筋トレも行いやすくなります。

筋肉がついていると、力を入れた時に硬くなるので、自分がきちんと筋肉を使えているのかをチェックしやすいのです。

硬ければ使えている、硬くなければ使えていない。

筋肉があまり無い状態だとチェックしてもイマイチ判断がしずらくなります。

なので、何もしていない状態からいきなり筋トレを始めるよりも、ある程度エクササイズなどでベースを作ってから行うと筋トレの効果も得られやすくなります。

継続は力なり

私の場合はコアリズムでしたが、自分にあったものを選ぶと良いです。

値段が高いから効果が得やすい、安いから効果が得にくいのではなく、続けるか続けないかが問題です。

すぐに効果がでないからといって新しいことをせずに、最低でも1ヶ月は続ける様にしましょう

そうすると少しづつ効果がが表れてきます。

継続することを忘れないようにしましょう。