眉毛のお手入れは、気を付けないと肌トラブルの原因に。

「眉毛のお手入れ」が顔のたるみやシワの原因となってしまっているかもしれません

eyebrows

顔のたるみの原因といえば、主に筋肉(表情筋)の低下乾燥です。しかし、それだけではありません。
多くの女性がやっている「まゆ毛のお手入れ」も、たるみを引き起こす大きな原因の1つなのです。

眉毛を整えるといっても、ピンセットや毛抜き・ブラジリアンワックスで抜くといった処理方法と、カミソリで剃る処理方法がありますが、とくに“たるみ”を引き起こすのは「抜く」といった処理方法です。

なぜ眉毛を抜くと、顔がたるみやすくなるのか?

眉毛を抜くときに皮膚が引っ張られることが原因で、肌はたるみやすくなります。
ヘアゴムや輪ゴムを使い続けると、徐々に伸びてきてダラ~んとなりますよね? これと同じように、皮膚が引っ張られ続けると伸びてダラ~んとたるんできてしまいます。

さらに、たるんだ皮膚が原因で、シワや目のクマをも引き起こしてしまいます。

目の周りの皮膚は他の皮膚に比べ3分の1程の厚さしかないとてもデリケートな部分です。
ですので、優しく丁寧にお手入れをしないとすぐに老化してしまいます。

肌に負担をかけないまゆ毛のお手入れ方法は?

眉のお手入れの処理に最も適しているのはカミソリで剃ることですが、ここでもいくつか注意点があります。

眉のお手入れの注意点

カミソリで剃る処理方法が良いといっても、そのままお手入れをすると肌が摩擦して「くすみの原因」や「乾燥の原因」となりお肌に大きなダメージを与えてします。

カミソリで眉毛を整えるときの注意点・1

剃る前にはきちんと保護クリームをつけましょう。
私のおすすめは「ヴァセリン」です。

剃る部分に薄くヴァセリンを塗ることで肌へのダメージを抑え、くすみや乾燥を防ぎます。
もちろん剃り終わった後も、もう一度ヴァセリンを塗ってきちんと保湿してあげます。

カミソリで眉毛を整えるときの注意点・2

カミソリの選び方に気をつけましょう。
安い、高いといった値段よりもカミソリの刃の質が問題です。
今では、100円均一のお店でも売っていますがお勧めしません。剃り味が悪いと綺麗に剃れない上に、肌が赤くなってしまう為です。

剃り味が悪い刃は一番肌に負担をかけてしまいます。ですので、自分に合ったカミソリを見つけて使用するようにして下さい。少しでも合わなければ使うのをを辞めましょう。

私のおすすめは、貝印さんのカミソリです。

貝印は、カミソリメーカーで有名なだけあって、肌に軽く当てるだけで綺麗に剃れるので、肌への負担も軽くなります。ドラッグストアなどで3本200円~300円程度とお値段は安いですが、刃の質は良いです。

この2つの注意点に気をつけてお手入れすることで、目の周りのたるみを遅らせることが出来ます。
目のトレーニングで筋力アップ や スキンケアをすることも大切ですが、眉毛のお手入れのような身近なことでも顔のたるみは起きるので、そういったことにも注意するようにしましょう。