【正しい体重の量り方】ダイエットで重要なのは体重ではなく「体脂肪率」

大切なのは、体重を量る回数よりも「量り方」

scale

「体重」は単なる体全体の重さなので、太ったか痩せたかを正確に判断できませんが、やはり一つの「指数」になります。できれば、最低でも週に1回は量るようにしましょう。

「体重計ダイエット」といって1日に何度も測定するダイエット法がありますが、これは数字の変動を気にしすぎて “食べないダイエット” に繋がる可能性もある( =拒食症につながる恐れ)ので、あまりオススメできません。

体重を量る回数よりも注意すべきは「体重の測り方」です。

正しい体重の測り方

1日24時間、いつ体重を測っても同じ重さというわけではありません

朝起きた時と寝る時とでは体重は違います。
トイレに行った前後、ご飯を食べた前後、運動をした前後など、すべて重さは変わってきます。

これは、決して脂肪が増減したのではありません。水分や便・食べたものの重さが関係しているからです。
量る時間だけでなく、量るときの服装、いつもと違う体重計や違う場所で量っても体重は増減します

正しい体重の推移を知るためには、【同じ時間・同じ服装・同じ体重計・同じ場所】で測ることが必要です。

ちなみに測る時間は、体の水分が抜けて軽くなっている、朝起きてトイレに行った後や、お風呂に入った後がオススメです。
ただし、これらに注意して測っても体重の狂いが生じてしまう場合があります。それは「寝不足」の日です。

寝不足の時の体重は正確な数字ではない

いつもより睡眠時間が短い日は便が思うように出なかったり、むくんでいたり、食べた物が消化しきれていなかったりと腸の働きも鈍くなっています。

寝不足の日に体重を測ると前日よりも1kg~2kg増えることがあります
私の場合、寝不足のときに体重を量ると必ずといって良いほど1kg程体重が増えていまが、寝不足を解消した翌日量ると体重は元に戻っています。

いくら頭で分かっていても体重が増えていると落ち込んでしまいます。そして、無理な食事制限やハードな運動をしてストレスを溜めてしまうことも!

寝不足の日は無理に体重を量る必要はありません。寝不足を解消してから量るようにしましょう。

重要なのは体重ではなく”体脂肪率”

見た目だけでは分からない、「隠れ肥満」に注意!

体重よりも重視しないといけないのは「体脂肪率」です。
みなさんご存知だと思いますが、「肥満 」とは、体重のうち脂肪の重さの占める割合が多い状態を指します。

太っているか、痩せているかを正しく判断するには体脂肪率を量る必要があります。
もちろん見た目だけでも判断できません

見た目が細くても体脂肪率が高い人はいます。この状態を「隠れ肥満」と言います。
隠れ肥満の人は自分で太っていることを自覚しづらいため、糖尿病など色々な病気にかかりやすい傾向になります。

ですので、痩せている・太っているに関係なく、月に1回、定期的に体脂肪率も量るようにしましょう。
女性の目安としては、体脂肪率が20%~25%でしたら適性範囲です。
それ以上でしたら、食事の見直しや運動で脂肪を燃やす努力をしましょう。

体重や体脂肪だけでなくメジャーで体のサイズを測る

何度も言うように、体重だけでは太ったか痩せたかを正確に判断出来ません。
特に、ウォーキングやジョギング・筋トレなど、運動を始めた直後はなかなか体重が減らない、もしくは増えているといったことがあります。

ダイエット中の急な体重増加
ダイエット中の急な体重増加
ダイエット中なのに体重が増えた? 原因と対処方法 5kg以上の減量を目標にしている人で、”目標体重まで順調に体重が減る”人は少ない...

しかし、体重増加とは裏腹に、「体のサイズは小さくなっている」ということがあります。
ですので体重だけで判断せずに、定期的に自分の体のサイズを測るようにしましょう。

測る部位は、「ウエスト・腰周り・太もも・ふくらはぎ・二の腕」です。

また、旅行などで何日か体重を測れないといった時もメジャーで体のサイズを測ると良いですよ。
メジャーなら持ち運びにも邪魔になりません。

体重はあくまで「目安」にしかなりません。
大切なのは体脂肪率、更にいうと、骨格が違えば「同じ身長・同じ体重」でも”見た目”は違ってきます。
体重ばかりにとらわれず体脂肪率や身体のサイズを重視するようにしましょう。

そして、体重を量るときは「同じ体重計で同じ時間・服装・場所」で量るように気をつけましょう。