体を温める食べ物で冷え性改善!

根菜類で冷え性改善

冬になると、スーパーや八百屋さんに大根・ジャガイモ・れんこんなど、根菜類が沢山並びます。

ところが、最近では「炭水化物抜きダイエット」の影響なのか、ジャガイモやサツマイモといった芋類を敬遠する人が多く見られます。

しかし、冷え性の人にその発想は危険です!

根菜類や芋類は、体を温める代表選手。冷え性の人には必須の食材なのです。

寒い冬は、特に冷えるのでなおさら摂取すべき食材です。

体を冷やす食材と温める食材の見分け方

基本的に、根菜類だけでなく冬が旬の食材は体を温めてくれる食材がほとんどです。

反対に夏が旬の食材は体を冷やす食材です。冷え性の方は、この様に覚えておくと便利です。

食材の「旬」には、その時期に食べないといけない理由がきちんとあります
冬が旬の食材は、先ほども述べたようにジャガイモやサツマイモ・れんこん・ごぼう・大根・白菜といった芋類や根菜。

これらは全て体を温めてくれる食材です。

(例外もあります。ピーマン・ブロッコリー・シソなどは冬以外が旬ですが体を温めてくれます。)

少し変わっているのがキャベツです。

キャベツは、生で食べると体を冷やし、茹でて調理すると体を温める食材になる、ちょっと不思議な食材です。
反対に夏が旬の、トマトやキュウリ・オクラ・なす・レタス・冬瓜・もやし・ほうれん草などの食材は、体内の熱を放出する役割がある為、体が冷えるのです。

野菜が育つ場所で体を温める、冷やす食材が分かる。

土の中で育つ根菜類や芋類はそれ自身が熱をもっている為、太陽から逃れようと地面の下へ下へと潜り、育つようになっています。

トマトやキュウリなどの夏野菜は自身が冷たい為、太陽を浴びようと上へ上へと育つのです。

それ自身が熱を持つ根菜類・芋類を食べると体は温まり、それ自身が冷たいトマトやキュウリを食べると体は冷やされます。

「食べる」ということは、その食材が持っている特性を分けてもらっているということなのです。

収穫された場所でも体を温める、冷やす食材が分かる。

寒い土地で育つ野菜は体を温めてくれます。

人間は寒いと体を温めようとするため、自然と体を温める食材を欲します。

不思議とそういう土地には体を温めてくれる野菜が育つようになります。その逆も然り。

なので、たとえば同じ「ジャガイモ」でも、本州で採れたものよりも北海道で収穫されたものの方が体を温める作用が大きいのです。

冷え性に効果がある食べ方

ポテトサラダやマッシュポテトといったマヨネーズを加えた物や加工された物は太りやすい食品になってしまうので注意しましょう。

根菜は、なるべく手をかけずに食べるのが効果的です。

煮物やおでん、味噌汁といった、形を崩さないで調理する食べ方が効果的です。

野菜もたくさん入っているので栄養も豊富! 積極的に食べたい料理です。

そして、冬の定番(?)、「焼き芋」!

サツマイモは、食物繊維やカロチン・ビタミンCが豊富に含まれています。

サツマイモのビタミンCは加熱しても壊れないので、ダイエット中のおやつ変わりに食べると良いでしょう。

ダイエットを効果よくする為にも、体を温める食べ物を積極的に取り入れ、体の中から温めるようにしましょう。

冷えを改善すると、ダイエットだけでなく美容や健康にも良い結果をだしてくれますよ。

ホッタタブ重炭酸湯