下半身太りを解消。「重心」のゆがみを正す

下半身太りの一番の原因は、「重心がずれている」こと

猫背で重心ゆがむ

猫背・反り腰・体が左右どちらかに傾いているといった方は、体の重心が歪んでいます。

体の重心が歪んでいると、下半身にかかる体重はバランスが悪くなります。
バランスが悪いと、下半身にかかる負担は大きくなります。
ふくらはぎの外側ばかりに筋肉がついてしまう方なども、真っ直ぐに重心がかかっていないことが原因です。

そのため、上半身に比べ下半身が太い・お尻が大きい・脚の形が悪い・筋肉太りといったことが起きるのです。

いくら頑張ってエステやマッサージ、骨盤矯正をしても、重心がズレていると思うように効果は得られません。

姿勢を正して重心のゆがみを直す

体重をバランスよく下半身にのせて、体の重心をまっすぐにする為には、姿勢を良くしなければなりません。

前へ体重がかかっている人は脚の前側の筋肉が発達します。後ろに体重がかかる人は後ろ側の筋肉が発達します。

脚の外側に体重がかかる人は、外側にばかり筋肉が発達するのでO脚の原因になります。
内側も同じく、内にばかり筋肉がつきX脚の原因になります。

脚だけでなく、変な体重のかけ方になっているので、膝や骨盤も歪みます。

姿勢を正す事で重心が真っ直ぐになり、まんべんなく筋肉が発達するので、脚の形が綺麗になり、細くすることが出来ます。

間違いやすい「姿勢の正しかた」

お尻をあげて姿勢を正す

みなさん「姿勢を正して下さい」というと、背中を反ろうとします。
これでは肩などに変な力が入り、しんどくなるので長時間保つことが出来ません。

姿勢を正す時は、背中を反るのではなく「お尻を上にあげる」ことを意識します。

股をかるく押さえる感じで少しお尻を持ち上げてあげると、背中・下腹部にも自然に力が入り、背中が真っ直ぐと、肩は後ろに、頭も正しい位置になるのです。

これを意識して生活するだけで、自然と姿勢は綺麗になります。

重心のゆがみを直すことでダイエット効果

重心は真ん中へ、下半身にかかるバランスが均等になります。
背中の筋肉も自然とつくので、新陳代謝もアップしてダイエット効果や中年太りも解消されます。

また、正しい姿勢になることで、深い呼吸ができる様になるのでカロリーの消費量も増えます。(姿勢が悪いと呼吸が浅く、太りやすい)

姿勢を正すことで様々なメリット

下半身に効果が出始めるのは、3ヶ月以上してからです。
ただし、下半身に効果が出るまでにも 肩こりや頭痛が軽くなる・体が疲れにくくなる・服が綺麗に着れる・スタイルが良くなるといった、たくさんのメリットが得られます。

是非実践してみて下さい。

「姿勢がよくなることで、正しい重心の位置になり、下半身太り解消。 その為には、お尻を上にあげる!」です。

広告