骨盤のゆがみを矯正すると痩せる

骨盤矯正はダイエット・むくみ・冷え性に効果的!

officelady

あなたの骨盤は歪んでいますか? と言われても自分ではなかなか分からないでしょう。
全く骨盤がゆがんでいない人はいませんが、「下半身が太い」「骨盤が広がっている」などといった方は、骨盤がひどく歪んでいることが原因である可能性があります。

「チェックしてみよう! ~骨盤のゆがみ~」

→ http://www.aspf.or.jp/obesity/pelvis.html

(「公益財団法人尼崎市スポーツ振興事業団」様のサイトに移動します。)

骨盤が歪んでいると太りやすくなってしまう

内臓の位置が下がると様々な悪影響が

骨盤が歪んでいると内臓の位置が下がり、太りやすくなってしまいます。

内臓の位置と太りやすいことに何の関係があるの?と思うかもしれませんので胃下垂の人を例に挙げてみましょう。

胃下垂の人は胃が下に伸びてしまっている為、胃の下にある腸や十二指腸などが圧迫され本来よりも下の位置にあります。
多くの内臓が下腹部に詰め込まれる形になってしまうので、まず見た目から「下腹部ぽっこり」になってしまいます。
さらに圧迫されることで胃や腸が十分に働くことができません。(ぜん動運動が鈍る)

胃腸の働きが悪いと食べ物の消化・栄養の吸収が不十分となってしまい栄養不足になったり、程度がひどいと全く消化せずにそのまま体に溜め込んでしまうので便秘の原因になってしまいます。

当然、代謝量も下がるので体はやせにくくなり、むくみや冷え性の原因にもなります。

ホルモンバランスの乱れの原因にも

また、内臓の位置がずれると、自律神経やホルモンのバランスまで崩れてしまいます。
自律神経の乱れはさらに代謝を下げることになり、ますますやせにくく太りやすくなってしまいます。

しかし逆を言えば、骨盤を正すことで、下腹部ぽっこり・冷え性・むくみ・代謝・ホルモンバランス が改善されるということです。

では骨盤のゆがみを正すには何が大切なのか見ていきましょう。

骨盤のゆがみを正すには”習慣”を見直す必要がある

骨盤矯正だけでは治らない

よく骨盤矯正をしに整骨院やクリニックに通う女性が多いですが、一度骨盤矯正をしたからといって、一生保てる訳ではありません。

たしかに、処置してもらったときは下半身が細くなったり、体の歪み、O脚やX脚が改善されています。

しかし、しばらくすると元に戻るので痩せやすい体にはなれません。

骨盤が歪んでしまった原因は、自身の生活習慣にあります。

なので、その原因となっている悪習を見つけ自分で治す努力をしなければ、いくら骨盤矯正をしても意味がありません。
骨盤矯正は、あくまで「手助け」です。

骨盤が歪みを解消するためには毎日の習慣を見直していく

骨盤を歪ませる主な原因は次の7点です。

  • 姿勢が悪い。

  • 脚を組んで座る

  • デスクワークが多く座りっぱなしである

  • 立っている時に片足重心になっている。

  • 鞄や荷物を持つ手がいつも同じである。

  • 体の重心が真ん中にきていない

  • 歩き方が悪い

こういった“悪いくせ”の積み重ねが、骨盤を歪ませている原因なのです。

「脚を組むのをやめる」「鞄は左右交互にもつよう気をつける」「長時間同じ姿勢で作業しない」など意識すれば簡単にできることばかりです。

脚痩せに大切! 正しい姿勢と歩き方
脚痩せに大切! 正しい姿勢と歩き方
正しく歩いて、美脚を手に入れる 女性なら誰もが憧れる、細くて綺麗な脚。 その為に、マッサージやストレッチ・エクササイズなどを...

治す努力をすることで、時間はかかりますが徐々に骨盤の歪みや広がりは改善されていきます。

栄養も吸収されやすく、代謝も上がるので、便秘やダイエットにも効果的になります。

諦めずに、まずは「悪い癖」を治すことから始めましょう。

広告