筋トレを効果的にするには必ず食事を摂っておく。

筋トレ前には必ず食事を摂る

muscle-training

脂肪を減らすためにと、空腹で筋トレを行なっていませんか?
空腹で行なっている人は、今すぐ辞めましょう!なぜなら、空腹で筋トレを行うと筋肉が増えるどころか減少してしまうからです。

人間の体はとても賢くできています。

エネルギーがないと、エネルギーの代わりに筋肉を分解して、それをエネルギーとして使用します。
もちろん筋肉が減少すると基礎代謝は落ちます。基礎代謝が落ちると体脂肪は増えやすくなります。

これでは、いくら頑張って筋トレをしても意味がありません。むしろ逆効果です。
こうならない為に、筋トレをする前にはエネルギー補給する必要があります。
しかし、食べる量や時間帯には注意しなければいけません。

食べてすぐの筋トレは禁物

いくらエネルギーがいるからといって食べ過ぎ・食べてすぐの運動は、消化器官に負担がかかり消化不良を起こしてしまいます。

消化不良を起こすと、消化する方にばかりエネルギーが使われてしまう。また、栄養を吸収できない、便秘になりやすいなど、といったように逆に太りやすくなってしまいます。

朝・昼・晩と普通の食事を摂ってから筋トレを行う時は、食べ終わって2〜3時間後に筋トレをすると効果的になります。
筋トレ前のエネルギー補給程度の食事なら、1〜2時間前に食事をとると良いです。

筋トレ前には何を食べるべきか?

効果的な筋トレにうってつけの食べ物は「炭水化物」です。
筋トレには、「タンパク質」と思われるがちですが、タンパク質は炭水化物がなければ筋肉と合成することが出来ません。

筋肉を大きく成長させるには、十分な炭水化物が必要となります。
また、炭水化物を摂取しなければ筋肉は減少します。

筋グリコーゲン

筋トレ前に炭水化物(糖質)を摂取することで、筋肉の中に炭水化物(糖質)を蓄えます。これを「筋グリコーゲン」と言います。
この筋グリコーゲンが、筋トレをする際のエネルギー源となります。
筋グリコーゲンが不足すると、筋肉を分解してエネルギーとして使用してしまいます。

ということはつまり、今流行りの「糖質制限ダイエット」や「炭水化物抜きダイエット」をしている人が頑張って筋トレをすると、逆に太りやすくなるだけで、筋トレの効果は得られにくいということです。

筋トレをする前におすすめの炭水化物

具体的に、筋トレ前におすすめのものを2つ挙げます。

1、お米

炭水化物の中でもパンや芋類と比べ、お米は一番のエネルギー源です。

その他にも、腹持ちが良く低カロリー ・ 脂肪燃焼効果 ・ 集中力UP など、さまざまなメリットがあります。

腹持ちが良いということは、体力も長く持続するということです。
そして、何と言っても脂肪分が少ない。

十分な糖質が行き渡ることで、脳も体もしっかりと働くことが出来、カロリーを効率よく消費することができます。

私事ですが、筋トレをする1〜2時間前には小さいおにぎりを食べるようにしてます。

エネルギー補給せずに筋トレをしていた頃と違って、同じ筋トレの量なのに汗の量が劇的に変わりました。また筋肉のつき方も良くなりました。

2、バナナ

バナナも立派な炭水化物です。

運動前にバナナを食べると良いと言われる理由は、消化・吸収が早いことと、体力が長く持続するからです。

バナナは、食べてすぐに消化が始まります。

『エネルギー補給の場合、食べて1〜2時間後に筋トレをするのが良い』と言いましたが、バナナの場合は消化が早いため、30分後に筋トレを始めても大丈夫です。

また、100gあたり85kcal程度と意外にも低カロリーなので、ダイエット中の方でも安心して食べることが出来ます。

ただし、バナナは体を冷やす食べ物なので冷え症の人にはあまりオススメできません。

特に、冬場は要注意です。冷え症の方は、お米にする事をオススメします。

筋トレ後はタンパク質を摂取すると良い

筋トレ前に炭水化物でエネルギー補給をし、筋トレが終わって30分〜2時間までにタンパク質を摂取すると、筋トレ効果が更にUPします。

筋トレをしてもなかなか効果が得られないといった方は、エネルギー不足の可能性があるので、きちんと炭水化物でエネルギーを補給してから行うようにしましょう。