『夏までに◯◯kg痩せる!』とダイエットを始めるときの注意点

新年度、新学期。薄着になる夏にそなえて春からダイエットを始める人は多いと思います。

「春から夏はやせにくい季節」に書きました通り、春は痩せにくい季節です。

かと言って、短期間で一気に体重を落とそうとすると体を壊してしまうかリバウンドしてしまうだけです。
しかし矛盾するように思われるかも知れませんが、春になると体は痩せようとしています

今回の記事が、春から始めるダイエットの何かのヒントになれば嬉しいです。

春に痩せにくい理由は代謝低下と自律神経の乱れ

春からはじめるダイエット

春から夏は代謝が落ちる

大雑把な言い方ですが、食べたものが脂肪になってしまうのは体の中でエネルギーとして燃やすことができなかったからです。
たくさん食べても太らない人は食べたものをエネルギーに変える力が強い (=代謝が良い)人が多いです。

冬の寒い時期は体を暖めようとして自然に代謝が上がります。しかし春になり気温が上がってくると、その必要がないので代謝は落ちていきます。つまり、春〜夏は冬以上に食べたものが脂肪として残りやすい季節ということになります。
この「代謝」を上げてあげることが、春だけでなく、ダイエット成功の鍵といっても過言ではありません。

自然の生き物は春になると痩せはじめる

冬はまんまるに太っていたスズメは春先にはスリムになっているように、自然の生き物は暖かくなると痩せています
寒さから身を守る必要がないので当然といえば当然ですね。夏毛に生え変わったりするのも同じです。

人間も自然の生き物ですから、暖かくなると冬にため込んだ脂肪を落として痩せようとしています
それを邪魔しているのは、主に新生活のストレス・緊張などからくる自律神経の乱れです。

春先は自律神経が乱れやすい

自律神経は体のオン オフを切り替えることで、体を一定の状態であるように調整してくれている 指揮者のような存在ですが、寒暖差があったり天気の変わりやすい春は、自律神経もオーバーワークとなり乱れがちです。

さらに、新しい仕事・学校などで無意識にストレスがたまるこの季節は、緊張状態が大きくなり過ぎて余計に自律神経が乱れがちです。
自律神経が乱れていると「やる気が出ない・集中できない」状態になりがちですが、さらに悪いことに体温も下がり、つられて代謝まで下がります。

春からのダイエット成功の鍵は「代謝」。代謝を上げるために大切なのが「自律神経をととのえる」こと。

春からのダイエットを成功させるためのヒント

春の食材をうまく利用する

フキノトウやタラの芽、セロリやタケノコ。いわゆる春野菜はどれも苦味があったりアクがありますよね。
これは「植物性アルカロイド」という成分が含まれているからです。苦いものを食べると外に出そうとする働きが強くなり、腸を一生懸命に動かして排出しようとします。

冬眠から目覚めた熊は最初にフキノトウを食べるそうですが、これも余計な脂肪や水分を排出させる為だと言われています。
また、臓器(腸)を動かすことは自律神経にも働きかけ、自律神経を調えることにもつながります。

他にも春野菜の香りにはリラックス効果があったり、活性酸素を除去してくれたり、春に嬉しい効能がたくさん入っています。
ストレスがたまっていると同じ努力をしても痩せにくくなりますから、きちんとリラックスできる時間を持つようにしましょう。

また、春はワカメもよく見かけますが海草は40%が食物繊維
ツンツンと腸をつつきながら体の中をすすんでいくので腸が刺激されて動き出し、水分をしっかり含んだ状態で大腸まで届きますので、便秘でお悩みの方にはもってこいです。便秘もダイエットの大敵ですから少しでも改善しておきましょう。
ただし食べ過ぎると甲状腺によくないので、特に女性は注意してください。

1日5分でもいいから運動する習慣をつける

暖かくなると自然と体を動かしたくなりますよね。よく晴れた気落ちのいい日はダイエットなんて関係なく、公園を散歩したくなります。

仕事が忙しかったりするとなかなかそうも言ってられませんが、暖かくなると体は動きたいと思っています。
早起きしてウォーキングする。寝る前にかるい運動をする。どんなことでも、たとえ1日に5分でも良いので「運動すること」が習慣となるように頑張りましょう。
前回の記事でお知らせした自宅でできるフィットネスなどもいいかも知れません。

ダイエットには腹筋よりもスクワット

「ダイエットの為に運動」と言うと腹筋を始める人が多いと思います。お腹まわりが気になる気持ちは分かりますが、最初から腹筋をするのはおすすめしません。

筋肉の量が多いほど基礎代謝は高くなります。つまり食べても太らない体質になっていきます。
しかしお腹の筋肉はそんなに大きくありません。 最も大きな筋肉は「太もも」です。何と言っても2本の足で体を支えているのですから。
スクワットは足を中心に全身を鍛える運動ですから、ダイエットの運動を始めるなら断然スクワットをおすすめします。

きちんとやり方を守れば足が太くなってしまうこともありません。スクワットについては「「30日スクワットをやってみた結果」」を参考にしてください。

温かい飲み物を飲む

暑くなってくると冷たい飲み物が欲しくなりますが、冷たいものばかりを摂っていると体の中が冷え、代謝が悪くなってしまいます。

毎回でなくても良いので、温かいお茶や紅茶を飲むようにしましょう。お茶や紅茶には同時にリラックス作用もあるので自律神経も安らぎます。コーヒーでも構いませんが、コーヒーは体を冷やす飲み物ですので摂り過ぎには注意です。

(参考:コーヒーのダイエット効果・メリットとデメリット

ほかにも、料理に生姜を使うことで代謝を上げることができます。
代謝とは体の古い細胞や老廃物を新しいものに変えるということ。言わば体のメンテナンス機能です。

代謝を上げることはダイエットだけでなく、肌や髪のツヤ、便秘や冷え性の改善、免疫力を高めて病気になりにくくなるなど、健康な美と体全てに関わってきます。

結果を急がない

最初に言いましたが春は痩せにくい季節です。ですのでダイエットの効果が出始めるのも遅いです。
なかなか体重が減らないと焦ってしまうかもしれませんが、焦りやストレスを抱えてしまうと却って痩せにくくなってしまいます。
長い目で見て、こつこつ続けていきましょう。