カロリーオフ、カロリーゼロは太りやすい!

低カロリー食品は太りやすい!

カロリーオフは危険

「カロリーゼロ」の落とし穴

最近では、”カロリーオフ”または、”カロリーゼロ”の商品が多く販売されています。
これらは、すべてアスパルテームやステビアなどといった人工甘味料を使用して作られています。

文字通り、天然には存在せず人工的に作られたものですが、砂糖の数百倍の甘味を持つので少量の使用で十分な甘さを引き出せる & カロリーはほぼゼロ、ということで多くの食品メーカーが使用しています。

ご存知の方も多いと思いますが、カロリーゼロは全くカロリーが無いという意味ではありません100ml辺り5kcal未満の物はカロリーゼロと表記しても良いことになっているのです。

“甘い物を飲みたいけどダイエット中” といった方は、少しでもカロリーが低いものを!とカロリーオフ(低カロリー)やゼロを選びがちです。

私も昔はそうでした。

カロリーが低くければ良いと思い込み、飲み物だけでなく、食べ物まで低カロリーのものを選んでいました。

けれど、これは間違いです‼︎

いくらこういった飲料水や食べ物を摂取したからといって、痩せません。
むしろ脂肪を蓄えてしまい太りやすくなる、むくみやすくなるといった症状が起きます

特に、発泡酒や第三のビールは恐ろしい程むくみ、恐怖さえ覚えました。

人工甘味料の怖さ

その原因の一つは、

人工甘味料を摂取し続けると『強い甘さになれてしまい甘味に対する味覚が鈍くなる

→無意識に今までよりも甘いものを求め、少量では満足できなくなる(一説には、コカインより強い中毒性があるとも言われています)

満足感を得る為に更に食べる

→しかもカロリーゼロやオフということで、食べても罪悪感を感じにくい

そして太ってしまうというケース。

もう一つの原因は、インスリン(インシュリン)にあります。

インスリンとは?

インスリンとは、体の真ん中、膵臓(すいぞう)にあるホルモンで、

最も重要な役割は、「体内の血糖値を一定に保つこと」 です。

糖尿病の治療などにも使われています。

簡単に言うと、食事をすると体内の血糖値が上昇します。

それをインスリンが感知すると、血液中の糖をあちこちの臓器や筋肉、細胞に押しこみ、血糖値を一定に保ちます。

押し込まれた糖は、エネルギーとして使われたり、肝臓や脂肪細胞に蓄えられたり、代謝に使われたりしていきます。

人工甘味料にはカロリーが無いので、インスリンは働きません。

しかし人工甘味料をいつも口にしていると、糖を摂取したときインスリンが過剰に反応し、必要以上に糖を吸収するとされています。

そうなると、気付かない内に本来吸収するカロリーよりも多くのカロリーを吸収してしまう恐れもあるということです。

気にし過ぎない。できる範囲で気をつけましょう

しかし、最近はほとんどの物が多かれ少なかれ人工甘味料を使用しています。

摂取しないにこしたことは無いですが、そうすると息苦しい世の中になり、ストレスを溜めてしまう恐れがあるので、「なるべく避ける」ようにしましょう。

飲料水ならペットボトルや紙パックより、ストロー付きのカップの物を飲む事をお勧めします。

カップの物は、人工甘味料を使用していない物が多くあります

痩せたいからといって、人工甘味料に頼らず、どうせならご褒美としてたまには自分が美味しいと思うもの、食べたいと思うものを摂りましょう。

そうする事で、ダイエットは頑張れます。

あまりストイックにならず、悪いスパイラルに陥らないようにしましょう。