レコーディングダイエットの正しい書き方

recording diet

私が最終的に現在の体重まで痩せることが出来たのが、レコーディングダイエットです。

順調にダイエットがすすんでいたある日、1ヶ月以上便秘に悩まされ体重が増えました。

そのときはとりあえずダイエットよりも便秘を治すことに専念し なんとか体重を戻しましたが、そのとき以降、思うように痩せることができなくなり、

考えた結果、レコーディングダイエットを始めることにしました。 (便秘を改善した方法は「便秘解消・「痩せ体質」には油分が大事!」に書いてます)

レコーディングダイエットを始めてから、停滞期はもちろんありますが、少しずつ痩せることに成功しました。

レコーディングダイエットを成功させる方法

レコーディングダイエットとは毎日決まった時間に体重を計りお茶・水以外の飲み物や食べ物はすべて書き込むことで痩せるといわれているダイエット方法です。

食べたものの量を記録する

まずは、口にしてもの全てを書き込む習慣をつけます。

それだけでも、自分が食べたものを客観的に見ることができるようになります。

稀に、「書くのが面倒くさいから余計なものを食べないようになった」という人もいます。

食べたもののカロリーや栄養素を記録する

書く習慣がついてきたら、「口にしたもの」だけでなく、食品のカロリーや栄養素も一緒に書き込むようにします。

(栄養やカロリーをまとめてくれているサイト → 「簡単!栄養andカロリー計算」

食べたものの量やカロリーも一緒に書き込むことで、自分が1日にどれだけカロリーを摂取しているのかが分かります

カロリーが低いと思っていた食べ物が実は高カロリーだったということもありますし、自分ではそんなに食べていると思っていなかったのに、実際書き込んでみると思っていた以上に食べていることに気がつくようになります。

「自分が1日でどれだけカロリーを摂取しているのか」 を客観的に見ることで、太る原因が見付かったり、数字にしたら怖くなって間食できなくなった という場合もあります。

私は『さつま芋や南瓜など、野菜だから大丈夫!』と思っていたのに、実は結構高カロリーでびっくりしました。

美容や健康にも効果が期待できる

記録する内に栄養バランスも分かってきます。

自分に足りていないのは何の栄養素なのかが分かるので、ダイエットだけでなく美容や健康にも効果が期待できます。

このように、「 自分で自分を管理できるようになる」というのが、レコーディングダイエットの目的だと思います。

極端な食事制限はリバウンドの原因

レコーディングダイエットを行う上で気をつけてほしいことがあります。
それは、食べることを気にしすぎて極端に摂取カロリーを減らすことです。

それをしてしまと、筋肉が落ちて基礎代謝が下がる為、リバウンドしてしまいます。

私は、一時期極端な食事の減らし方で痩せたものの不健康な体型になり、お世辞にも綺麗とはいえない細さになりました。そして、ひどいリバウンドを経験しました。

ダイエット失敗談 40kg以上のリバウンドをした話
ダイエット失敗談 40kg以上のリバウンドをした話
こんにちはKAIRIです。 いつもこんなブログを読んでくださっている方、有り難うございます。 このブログで紹介しているのは、いつも「...

なので、「1ヶ月に1kgから2kg減らすこと」を目標に間食やつまみ食い、調理の仕方などで摂取カロリーを減らすようにしましょう。

私の場合、初めの1ヶ月は痩せず悩んでいましたが、今までの経験上すぐ効果が得られなくても続ける事で効果が得られると学んだので、自分を信じ前向きに取り組みました。
そうして、2ヶ月目に2kg痩せることに成功。

それからは月に1kgペースで痩せ(たまに1kgも痩せない時期もありました)、増えたり減ったりと安定しない時期もありましたが、食べた物を書き込み続けることで、その理由も分かるようになりました。
また、食べた物や体重以外にも「何回便を出したか」「塩分の取りすぎ」「運動量」「生理前」なども書き込むようにしています。

レコーディングダイエットのおすすめアプリ

痩せた今でもリバウンドしない為に、レコーディングは続けています。

レコーディングダイエットといっても書くのが面倒くさいっていう人も多いでしょう。
しかし、今はアプリという便利なものがあります。

BeCalender

レコーディングダイエットアプリはカロリー計算や目標体重にあった摂取カロリーの目安などを教えてくれます。

私が使用しているのは「BeCalender」というiPhoneアプリです。
色々なアプリを試してみましたが、私はこちらのアプリが一番使いやすいと感じました。

(Androidアプリはよく分かりません。すみません。。)

「カロリー計算までするのは面倒くさい!」という人は、まず食べた物を書くだけでも良いです。

それだけでもダイエットに対しての意識は変わってきます。ストレスを溜めず自分のペースで行うようにしましょう。