秋・冬はダイエットを始めるのに最適の季節

冬は「痩せやすい季節」です

冬は痩せやすくなる
冬は忘年会やお正月などイベント事が多く、ついつい食べ過ぎてしまったり、飲み過ぎてしまったり。

気づいたら「体重が増えていた」という人は多いのではないでしょうか。
実際、「太った」という言葉をよく耳にするのは冬場です。

しかし、冬は一年を通してもっとも痩せやい季節でもあるのです。
と言うのも、冬は外気が冷たくなるので体が内臓の冷えを防ごうと熱をたくさん作るので、代謝が活発的になるのです。

これは、人間の体温を保つための役割でもあります。

逆に夏は暑いので、体は熱をこもらせてはいけないと代謝を下げます。
これもまた、人間の体温を保つための役割です。

簡単に言うと、寒い冬は体温が下がってしまわないように体内の機能がフル活動するため代謝が上がり、痩せやすい。

逆に、暑い夏は体内の機能を働かせなくとも体温は下がりません。
夏場は体に熱がこもってしまうので、体内の機能が働くと更に熱がこもるのでNG。従って、機能がほぼ停止状態となるため代謝が下がり、痩せにくいと言うことです。

「食欲の秋」は夏の食生活が原因

では、秋や冬になると食欲が旺盛になって太る人はどういうことなのか?と言うと、夏にどういった食生活をしていたかが問題です。

暑い時期夏バテになり、食事量が減る・アイスやジュースなど冷たい物ばかり口にしていた・そうめんや冷麺といった単品メニューをよく食べていた。といったことが原因です。

夏バテになり胃腸が十分に機能できず栄養をとれていなかった(栄養不足)のが、秋になり涼しくなってくると胃も腸も機能を取り戻し、不十分だった栄養を一気に蓄えようと働きます。
これが「食欲の秋」をうみだす原因です。

「秋になって急に体重が増えた」という方は、ほとんどがこのケースです。

ダイエット中の急な体重増加
ダイエット中の急な体重増加
ダイエット中なのに体重が増えた? 原因と対処方法 5kg以上の減量を目標にしている人で、”目標体重まで順調に体重が減る”人は少ない...

夏はただでさえ代謝が下がっている上に、冷たいもの・さっぱりしたものばかり、という食生活をしていると栄養不足となり、更に代謝は悪くなります。

その結果として、秋から冬にかけて一気に体重が増えてしまうのです。
季節による体重の増減を調節したいなら、夏にもきちんと栄養を摂らなくてはなりません。

やせやすい冬にこそダイエット

冬こそダイエット

冬は運動をして効率よく痩せる

基礎代謝が上がっている冬こそ、運動を頑張ると痩せやすくなります。

冷たい空気を感じて体がブルっとすると、交感神経が刺激され更に代謝が上がります。

なので、ウォーキングやジョギングといった外で行う有酸素運動は冬が一年で最もダイエット効果を得られるのです。

冬ダイエットの注意点

気をつけるべき点は、寒いからといって たくさん服を着込まないことです。

何故かというと、体が「寒い」と感じることで交感神経に刺激が与えられ、体内に熱を発生させます。
服を何枚も重ね着をして「これで寒くない!」とフル装備してから運動すると体内機能が十分に活動しません。

ポイントは 「少し寒い」と感じる程度の服装で運動をして、”体を温める”ことです。

これは服装に限った話ではなく、エアコンやコタツといった暖房器具もそうです。
なるべく部屋にいる時も、ストレッチなどで体を動かして温めるようにしましょう。

寒いとやりがちなNG行為

寒いと、体を丸めたり縮こまったりします。
実はこれ、温まるどころか逆に体が冷えていっています。それは、体を縮こまらせることが血の循環を悪化させるからです。

血の循環が悪くなると体が冷えるだけでなく代謝も悪くなります。だから、体を丸める行為はNG!

寒い時こそ姿勢は良くし、手足の指や首・足首などを動かして、血の循環を良くしましょう。

冬の食べ物はダイエットに最適

冬の定番といえば、「お鍋」ですね。
野菜もたくさん摂れて体も温まり、ヘルシーでダイエットに最適な料理です。

水分もたくさん含まれるため満腹になりやすい点も◎。

また、冬はジャガイモ・レンコン・サツマイモといった根野菜など、体を温めてくれる野菜が旬です。
栄養も満点で体も温めてくれる、ダイエットに最適な野菜なのです。

シチューや味噌汁などのスープ類、肉じゃがや筑前煮といった野菜がゴロゴロと入った料理がオススメです。

ダイエットを始めるなら秋から冬

忘年会やお正月などで食べ過ぎたらきちんと次の日は調整をする。
寒いからとといって家でダラダラするのではなく、冬こそ活発的に体を動かして脂肪を燃焼させましょう。
ダイエットをはじめるなら、代謝が上がる秋から冬です。

広告