脚痩せに効果的なエクササイズ

足を鍛えて美脚を手に入れる

足を鍛えて美脚を手に入れる

脚に筋肉を付ける?それって太くならない? と思う女性が多いと思います。

心配しなくとも、女性は男性より筋肉が付きにくく、余程ハードな筋トレをしない限りはムキムキになりません。安心しましょう^_^

足に筋肉をつける5つのメリット

1、引き締まる事で細くなる。

脚に限った事ではありませんが、筋肉がつくと脚は引き締まります。

「たるみ」とは筋肉の衰えです。筋肉がないと「だら~ん」とたるみ膨張します。
例えば、袋に同じ量の物を入れます。
“緩く結んだ袋”と”きつく結んだ袋”では、どちらが小さくなりますか?
もちろんキツく結んだ方ですよね。 それと同じです。
筋肉を付けると、たるんだ脚が引き締められることで”細く”なります。

また、皮膚にハリがでる為、若々しい綺麗な脚になれるのです。

2、むくみにくくなる。

「足のむくみ 原因と解消法」で紹介しましたが、ふくらはぎの筋肉は血の循環をよくします。

ふくらはぎの筋肉の役割は、血を上へと押し上げる”ポンプ”です。

筋肉の量が多いほどポンプとしての役割が活発的になり、血の流れも良くなり、むくみにくい脚になります。

むくみ脚やすぐにむくむという人は、血の循環が悪いことが原因です。

筋肉をつけて血の巡りを良くすることも、脚痩せには重要なことです。

3、脚長効果が得られる。

足やおしりの筋肉の位置を上へ持ち上げる筋トレやエクササイズを行うことで、脚が長く見えるのです。
おしりが1センチ上に上がるごとに、脚は3センチも長く見えると言われています。

また、ふくらはぎの筋肉が上がると足首も細くなります。

ふくらはぎだけでなく、太ももも同じです。
太ももは、日常生活では筋肉があまり使われない為、脂肪がつきやすくたるみやすい場所ですが、筋肉がつき引き締まることで細く、長くなります。

4、脂肪が付きにくい。

筋肉がついている場所は、その分エネルギーの消費量が高くなります。

エネルギー消費を妨げない為に、筋肉がついている所ほど脂肪がつかない様に体が働きます。また、むくみにくくなる事でセルライトにもなりにくいのです。

5、基礎代謝が増え、痩せやすくなる。

腕などの小さい部位よりも太もものような大きな部位を鍛えた方が、より基礎代謝が増える = 消費カロリーが増える = 痩せやすくなるのです。

特に太ももの裏と前の筋肉は大きく、この場所を鍛える事でダイエットが効率良くなるのです。

脚に筋肉を付けると細くなるだけでなく、こんなにもメリットがあります。

では、つづいて脚痩せに効果的なエクササイズの方法を書いていきます。

部分別 脚痩せエクササイズ

一口に「脚痩せ」と言っても、太もも・ふくらはぎ・足首 と色々な部位があります。
この記事では簡単にできるものを中心に、部分別のエクササイズをまとめてみます。

<追記>

最近、アメリカで流行っていた「30日スクワットチャレンジ」に挑戦してみましたが、思っていた以上に効果がありました。
毎日少しずつスクワットの回数を上げていく忍者の修行みたいなやり方ですが、興味がある方は試してみてください。
http://beauty-health.xyz/30days_squat_challenge/

太ももの内側を引き締める

・100円均一のお店で売っているゴムボールや厚みのある本を用意します。

1.姿勢を正し、浅く椅子に座ります。
2.ゴムボール(または本)をひざで挟み、ギューっと力を入れて10秒キープ
3.力をゆるめます。
4.再び力いっぱい挟み10秒キープ。

これを繰り返し行うだけです。
慣れてきたら、力を強めたり、挟む時間を長くしましょう。

全身の筋肉に中でも太ももの筋肉は大きいので、太ももを鍛えることで基礎代謝の消費カロリーも大きくなり、やせやすい体質になる というメリットもあります。

100円で出来る、簡単 足痩せエクササイズ
100円で出来る、簡単 足痩せエクササイズ
脚痩せ&ヒップアップに効果がある簡単エクササイズ 私自身が行なって効果があった筋トレを紹介します。 今回は「太ももとお尻...

ふくらはぎを引き締める

1.仰向けに寝て、横から見て L の字になるように両足を揃えてまっすぐ上にあげます。
2.ふくらはぎの筋肉を意識しながら足首をゆっくりと曲げ伸ばしします。

3.曲げ伸ばし10回を1セットとして、2〜3セット行いましょう

膝が離れてしまわないように気をつけましょう。

足首を引き締める

「気をつけ!」の立ち姿勢で、ゆっくり背伸び ➙ かかとを下ろす

これも10回1セットで2〜3回行います。

足首を伸ばしながらお尻にもぐーっと力を入れるように心掛けましょう。

足首が細いと足全体も細く見えます。
キュッとしまった足首を目指しましょう。

お尻の筋肉を引き上げる

つかまり立ちの状態、またはうつ伏せに寝た状態で、ゆっくりと真後ろに脚を上げていきます。
つま先まで意識を集中して、おしりにぐーっと力を入れながら行いましょう。
脚を下ろすときもおしりに力を入れながらゆっくりと下ろします。

これも10回1セット × 2〜3セット行います。

姿勢が悪いと効果は半減、逆効果にも!

歩き方や立ち方、姿勢が悪い人は細くする為の筋トレやエクササイズをしても効果が半減します。
それどころか、本来使わなくて良い筋肉を使ってしまい、逆に脚が太くなっている場合があります。

「脚の筋トレをしたら脚が太った」という人は、体の重心が偏ってしまっていることで、筋肉も内や外に偏ってついてしまっているのです。

まずは、姿勢を正すことから改善していきましょう。

脚痩せに大切! 正しい姿勢と歩き方
脚痩せに大切! 正しい姿勢と歩き方
正しく歩いて、美脚を手に入れる 女性なら誰もが憧れる、細くて綺麗な脚。 その為に、マッサージやストレッチ・エクササイズなどを...

広告