寒い季節は特に注意! お肌のくすみを招く原因と解消法

”肌のくすみ”が起こる原因と解消法

skin_dullness

肌の摩擦・汚れが落ちていないことも”くすみ”を招く原因ですが、一番の原因は「血行と代謝不良」です。

特に最近は、冷え症 ・ 低体温 ・ ダイエットによる栄養不足 ・ 紫外線の影響などで代謝が鈍り、肌のくすみに悩んでいる人が増えています。

くすみを招く3つの原因

1, 血行不良による肌のくすみ

血液の巡りが悪いと、血の気がなくくすんだ印象になります。

湯船につからずシャワーだけでお風呂を済ませている・冷たいものをよく飲む・エアコンによくあたる人は要注意です!

2, 代謝不良による肌のくすみ

無理なダイエットによる栄養不足や紫外線の影響、運動不足などにより肌の新陳代謝が低下。

そうすると古い角質が溜まってしまい、肌がくすんで見えます。

3, 乾燥による肌のくすみ

あらゆるトラブルにつながっているのが乾燥

肌の潤いが不足していると透明感が失われてしまい、くすんで見えます。

更に、角質が溜まってしまう原因にもなります。
くすみの原因を色々書いたところで、次はくすみの解消方法に進みます。

くすみの原因別 肌のくすみを解消するおすすめ方法

血行不良によるくすみを解決する!

1、血行がよくなる簡単マッサージ

スキンケアや空いた時間にするだけで、体がポカポカして血行を促進させます。

マッサージ方法

① アゴ下に両親指をおき、骨格に沿いながら耳下に向かって3秒ずつ指圧していく。
② 耳を上下に挟んで、折りたたみ10秒キープしたら指を一気にはなす。

2、 蒸しタオルでくすみ肌を瞬時に明るく!

タオルでリンパを温めて、オイルマッサージで活性すると瞬時に血色がよくなります。

① お湯で5本のタオルを濡らして絞る。
両脇、首、鎖骨、顔に巻きあてて30秒おく。
② 他のタオルはそのままにして、顔にのせたホットタオルのみ外し、オイルで内~外に向かってマッサージします。
③ 最後は、髪の生えぎわをなでるようにさする。
*マッサージが終わって顔がベタつくようなら、タオルで拭き取ってOKです。

代謝不良によるくすみを解決する!

1、まぶたのくすみは緑茶パックでオフ

飲み終えた緑茶パックを捨てる前に、まぶたのくすみ取りに再利用しましょう。

①飲み終えた緑茶のティーパックを水で少し流します。
②少し水気を切って、まぶたの上に30秒程のせる。くすみだけでなく、シミにも効果あり!

2、クレイパックで潤いを与えつつ、くすみ吸着!

代謝不良で古い角質が溜まってくすんでいる場合は、保湿力のあるクレイパックで潤いを与えつつ、古い角質を吸着するように取り去ると効果的。

① クレイパックを目元や口元などのデリケートな部分を避けて塗っていく。
② クレイパックが乾いたら、ぬるま湯で綺麗に洗い流す。

乾燥肌によるくすみを解決する!

1、 潤いが入っていかない超乾燥肌は、乳液で肌を解してからのスキンケアが◎

肌表面が不均一になった、超乾燥肌は浸透しにくいので化粧水を塗る前に乳液で解すと効果的!

洗顔後、化粧水ではなく”乳液”を顔につけ、マッサージして肌表面をほぐす。
② マッサージが終わったら、化粧水→乳液または保湿クリームといつも通りのスキンケアを行う。

きちんと保湿&早めの対策で、冬の乾燥肌を防ぐ
きちんと保湿&早めの対策で、冬の乾燥肌を防ぐ
肌のトラブルを引き起こす「乾燥」を防ぐ しわ ・ たるみ ・ くすみ などといった肌の老化、大人ニキビや肌荒れ、これらすべ...
肌の乾燥やくすみにも効果大◎ オイルマッサージで美肌対策
肌の乾燥やくすみにも効果大◎ オイルマッサージで美肌対策
お肌トラブルの対策にはオイルマッサージがおすすめ すべてのスキンケアの中で、最も浸透が早く身体の中をぐるぐる巡らせてくれる...

くすみを解消するには「温め&マッサージ」で内から巡りをよくするのがポイントです。
寒い季節はとくに血の巡りが悪くなるので、体を冷やす行動をしてしまっていないか、よく注意しましょう!

体を温める食べ物で冷え性改善!
体を温める食べ物で冷え性改善!
太りやすそうなイメージのあるさつまいもやじゃがいも。炭水化物抜きダイエットの影響もあるのか、これらの食材は敬遠されがちです。しかしこれら根菜類は体を温めてくれる大切な食材です。体が冷えていればダイエットだって効果的にはいきません。体を温める食材とそうでない食材の見分け方を説明します。