30日スクワットチャレンジを失敗しない為の3つのポイント

随分前に「30日スクワットチャレンジをやってみた結果」という記事を書きましたが、今でも多くの方にご覧いただけているようで嬉しく思います。
きちんと続ければしっかりと成果を出してくれるエクササイズなので是非がんばって挑戦してほしいです。

ところでこのスクワット実際の友人・知人にも勧めているのですが、ちゃんと成果が出る人と出ない人、それどころか「30日スクワットをしたら太った」という人もいます。

効果が出ない・太ったという人に詳しく話を聞いてみると間違っている点は大体同じです。
30日スクワットで失敗しない為に、重要な点・間違いやすい点をまとめてみようと思います。

30日スクワットのポイント

30日スクワットで太った・効果が出ない とならない為に

スクワットだけでなくどんなエクササイズもそうですが、大切なのは「回数」ではありません。

自分がどこを鍛えようとしているのか、きちんと理解しておきましょう。

スクワットは全身運動ですが、大切なのは「太もも」を鍛えることです。

失敗していた人たちに共通している点は次の3点です。

・腕で勢いをつけてスクワットしている

・姿勢が崩れている(胸・膝・おしり)

・足の裏がきちんと床についていない

スクワットはゆっくりと。腕は動かさなくてもよい

一番多かったのがこの間違いです。
腕を前後に振ってスクワットしてしまうと振りの勢いで体を動かしてしまうので、肝心の太ももの筋肉を十分に使えません。

スクワットはゆっくりと。

「3〜4秒ぐらいで1回スクワット」のペースで行いましょう。

スクワット中の姿勢の崩れ

一番問題なのがこの間違いです。

正しいスクワットの姿勢は

・胸をはって前を見る

・足は肩幅にひらき真っ直ぐ前に向ける(ガニ股や内股にならないように)

・ヒザを曲げてスクワットしようとするのではなく、おしりを後ろに下げるつもりでスクワット空気イスのやり方と同じです・このときヒザがツマ先より前に出てしまわないように気をつけましょう。)

です。

慣れない内はバランスが上手くとれず何度も後ろに転げてしまうと思いますが、
だからと言って猫背になってしまったり つま先立ちになってしまっては関係ないところの筋肉を使ってしまい逆効果です。

「30日スクワットで太った 」という人はほとんど姿勢の崩れが原因です。

胸を張りスクワットすることで腹筋や体幹も鍛えられます。
形だけ出来でもダイエットにはつながりませんので、正しい姿勢を意識しましょう。

足の裏をきちんと床につける

先ほどの姿勢の崩れに含まれるのですが、「スクワットで足が太った」という方はこれが原因だと思います。

30日スクワットは「太もも」を鍛えるエクササイズなのに、バランスをとろうとしてつま先立ちになってしまったり重心が外側に偏ってしまうと、ふくらはぎや関係ないところの筋肉が鍛えられてしまい、足が太ってしまうのです。

重心・バランスが偏らないように姿勢を保つことが大切です。

スクワットチャレンジは道具も特別な技術も何も必要がありません。

一度失敗してしまった方も、これから挑戦する方もやり方さえ間違わず諦めなければ、きっと成果が見えてきます。

ぜひ挑戦してみてください。

30日スクワットチャレンジを実際にやってみた結果
30日スクワットチャレンジを実際にやってみた結果
今話題の「30日スクワットチャレンジ」を実践してみました。 「30日スクワットチャレンジ」とは、アメリカで大人気を博した ”回数を...