今すぐ始められる、顔にできてしまったシミを消すための美白ケア

自宅で簡単、シミを消すための解決方法

skincare

しみを作らない為には日焼け止めと美白ケアが大切

今まで浴びてきた紫外線が徐々に蓄積されててシミができます。

少しでもシミを作らないためには日焼け止め、そして美白ケアが重要となります。

ただし、闇雲にケアしたのでは効果はなかなか表れません。女性には月経周期というものがあります。月経周期を利用してケアをすることで効果は倍増します。

美白は月経周期(卵胞期)を利用すると効果倍増!

美白ケアのタイミングは、生理後すぐから一週間後までの「卵胞期」

女性ホルモン・エストロゲンの分泌が増加するため、肌の状態が安定しており、集中的に美白のお手入れをすると効果が倍増します。

シミの部分に美白成分をしっかり届けることはもちろん、代謝を上げてメラニンを追い出す攻めのケアをしてあげましょう。

また、この時期は代謝もアップしているので肌の状態も比較的好調になります。
逆に、代謝が低下し、むくみががちになる黄体期(生理前の2週間を指します)は、肌も不安定に陥りがちなのでお手入れは控えめにしましょう。

保湿中心ケア1点、美白美容液を投入すると良いでしょう。

では、ここからはシミができてしまった時の解決法を紹介します。シミができたからといって諦める必要はありません。美白ケア&解決法でシミを退治しましょう。

しみ が出来てしまったときの解決法

1、 点ジミができたときの解決法

目立つシミは一晩美白漬け!

シミ部分の角層は厚くなって、成分が入りにくい状態となっています。

その為、一晩かけて美白成分を”ピンポイントで” ”肌奥まで届ける” と効果的です。
まず、用意するものは、美白成分の入った美容液かクリーム。そして、コットンと医療用テープです。

①しみサイズに小さくカットしたコットンを、一回り大きめにカットした医療用テープに貼ります。
②コットン部分に美白成分をのせてシミのある部分に貼り付けます。そのまま朝まで眠り、翌朝になったらテープを剥がしましょう。

頑固なシミは温冷ケアで排出!

冷え性対策や美白を頑張っているのになかなか効果が見えない人は、温冷ケアで肌の代謝を上げてメラニンの排出を促しましょう。

①コットンをサッと湯通しして軽く絞ります。シミの部分に湯通したコットンを30秒~1分程のせます。
②30秒~1分程経ったらコットンを外して、次はシミの部分をマッサージするように氷をクルクルとあてて、30秒~1分程を目安に冷やしていきます。

①と②を3回繰り返しましょう。

2、面ジミができたときの解決法

アシッドローション+美白クレイマスクで広範囲吸着!

角質がたまった肌を穏やかに緩めて、クレイマスクでメラニンを吸着すれば透明感がUPします。

①アシッドローション(酸系の化粧水)を手に取り、シミの部分にクルクルなじませる。
②アシッドローションでシミの部分の角質をゆるめたら、ホットタオルで拭き取ります。
③シミの部分にクレイマスクをのせ、シミを浮き上がらせるように吸着。最後に洗い流します。

アメーバーシミは温冷スプーンパッティングでシミ割り!

シミ部分の肌をパッティングと温冷効果のダブルで巡りを促して、メラニンが排出されやすい状態に持っていきましょう。

①まずコップ2つ、カレースプーン2つを用意します。
1つのコップには適度な熱さのお湯を入れて、その中にスプーンを入れて温めたておきます。もう1つのコップには、氷水をいれてスプーンを冷やしておきます。
②お湯につけて温めたスプーンの裏面をシミ部分にあてて、パタパタとスナップを効かせるようにパッティングします。
③次は氷水で冷やしたスプーンの裏面をシミ部分にそっと押し当てて、約10秒キープします。

②と③を3~5回程繰り返します。

しみが無くなれば、心も顔も晴れやかに!

シミができて悩んでいる人や諦めている人、放って置かずにきちんとケアをしてシミ退治しましょう。
悩んでいたシミがなくなれば、顔がパーっと明るくなって見た目に若々しい印象になり、気持ちも明るくなります。どれも簡単に始められることばかりなので、悩む前に今すぐ始めましょう!