季節の変わり目は便秘に注意!!

ユーグレナ 便秘

昼間の気温が30度を超える真夏日が増え、朝晩の気温差が大きくなってきました。
季節の変わり目と言えるこの季節、便秘に悩まされている人も増えているのではないでしょうか?

「季節の変わり目と便秘に何の関係があるの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実は大いに関係があります。

小さなストレスが便秘の原因になる

「ストレス」というと仕事のストレスだったり対人関係の悩みだったりが連想されますが、人の体や脳にとっては「変化」も非常に大きなストレスの原因です。

たとえば「引っ越ししたら急に便秘になった」という人がいますが、生活環境が変化したことに対して自分ではなんとも思っていなくても脳がストレスを感じ、それが原因で便秘になってしまったのでしょう。

季節の変わり目は便秘になりやすい

春から初夏、夏へと変化していくこの季節は気温が上昇していくだけでなく、湿気も増えて体がべたついたりしてストレスに感じがちです。

特に最近では朝晩の気温差も10度以上あるので自律神経もかなり疲れている状態です。
自律神経は体温を一定に保ったり、胃腸を正しく動かして栄養の吸収・便通を管理するなど、体を正常に機能させるために働いてくれている大切な神経です。

ストレスを抱えている上に、自律神経が疲れて乱れやすい季節の変わり目は胃腸の動きも乱れやすく代謝も鈍り、便秘になりやすいというわけです。

自律神経を休ませる

便秘の問題だけでなく自律神経の乱れは体調不良や集中力の低下など生活全般に支障が出ます。

・しっかりと睡眠をとる。
・仕事の合い間でも背伸びしたりリフレッシュする習慣をつける
・少しでも良いので運動する
・寝る前にスマホを見過ぎない

ちょっとしたことの積みかさねで自律神経は休められます。
特に現代の日本人は慢性的な睡眠不足だと言われます。

工夫して、少しでも良質な睡眠をとるように心がけましょう。

食事内容・栄養バランスに注意!

徐々に暑くなってくるこの季節、ストレスともう1つ便秘の原因となるのが食事内容です。
コンビニやスーパーでもお蕎麦やそうめんなどを多く見るようになりましたが、暑くなってくるとどうしても冷たい麺類や簡単なサラダだけで食事を済ませることが増えてきます。

こういった簡単な食事では量が少ないので便を押し出す力も弱くなってしまいますし、何より栄養バランスが悪いのは季節を問わず便通に良くないです。

『便秘に良い』とよく言われる成分は「水」「食物繊維」「オリゴ糖」「ビタミンC」などですが、それらだけ摂っていれば大丈夫というわけではありません。

栄養素はそれぞれが支えあって力を発揮します。つまりバランスが悪い食事を続けていては、どれだけ食物繊維やオリゴ糖を摂ったとしても十分な効果を得ることは難しいのです。

ユーグレナ(ミドリムシ)は便秘に効果あり?

この記事を書き始めた5月中旬頃、偶然知人に ユーグレナの緑汁 というものを勧められました。
ユーグレナという名前は知っていたものの今まできちんと調べたことが無かったので、ユーグレナとはどんなものなのか・どんな効果があるのか調べてみることにしました。

ユーグレナは藻の仲間

ユーグレナを少し分けてもらったので後日改めてきちんとブログを書こうと思いますが、今回は自分なりにさわりだけ説明してみます。
ユーグレナとは一言で言えば「自分で動くことができる藻」です。植物と動物の中間のような感じでしょうか。
なんだか不思議な生き物ですが、5億年前から地球に存在していたようです。

ユーグレナを調べている中で、私が特に気になったのは「パラミロン」「豊富な栄養素」という点です。

パラミロン

パラミロンとは初めて聞きましたが、人の腸内に残る余計な脂肪やコレステロール・プリン体までも吸着してしまうスポンジのような構造をしており、消化されにくいためにそのまま便と一緒に排出してくれる働きを持っています。

わかめなど海藻類(水溶性食物繊維)も腸の掃除屋さんと言われますが、ここまで排出機能があるのは凄いですね。

豊富な栄養素

ユーグレナは豊富な栄養素を持った非常に栄養価の高い生き物です。
ビタミンB郡やビタミンC、ミネラル、必須アミノ酸など実に59種類もの栄養素を持っているのだそうです。

先ほど書きましたが、栄養素はバランスよく摂取することが必要です。
便秘にスポットをあてて考えると、栄養をバランスよくとることで腸内の善玉菌が活性化ししっかりと働くことができ、便秘の改善・解消につながっていくわけです。

もちろんユーグレナだけ摂っていれば大丈夫なわけではありませんので、そこは誤解しないでいただきたいですが、普段の食事にプラスαでとる補助食品としてユーグレナは効果的かも知れません。

また、ユーグレナに含まれているミネラルを詳しく見てみるとマグネシウムを多く含んでいるようです。
ご存知の方も多いと思いますが、マグネシウムは便通を促進させる働きがあり、下剤に使われるミネラル分です。

先ほどのパラミロンと合わせて考えても便秘改善への効果は期待できるのではないでしょうか。

あくまで栄養の補助食品なので薬のように即効性は無いと思いますし、あっても逆に怖いですが、継続的に摂れば栄養バランスの偏りがある程度改善されるのではないでしょうか。一度試してみる価値は十分にありそうです。