ダイエット停滞期 原因と乗りこえ方

ダイエットをしていれば停滞期は必ずやってくる

停滞期の原因と過ごし方

ダイエットをしていると、必ずやってくるのが「停滞期」です。
停滞期になると、体重が減らない、または体重が増えてイライラしがち。モチベーションも下がり、ダイエットを諦めてしまう人もいます。
中には、焦って今よりも食事量を減らしたり、運動を増やしたりなどと頑張る人も多いでしょう。

焦ったり頑張ったりしても停滞期の時期はあまり体重に変化が表れません。
それがストレスとなり余計に痩せにくくなったり、ダイエットすることを諦めてしまったりと、悪影響の原因となります。
しかし、停滞期に入ったからといって焦る必要はありません。むしろ喜びましょう

「?」と思われるかも知れませんね。

では今回は、停滞期が起こる原因などなど詳しく書いていきます。

停滞期がやってくる原因

体重が減ったから停滞期がやって来る

停滞期がやってくるのは大体ダイエット開始から1ヶ月経った頃、もしくは元の体重から5%程度落ちた頃だと言われます。(例 : 元の体重が60kgだった人の場合、57kgになった頃(−3kg))

人の体にはホメオスタシス(生体恒常性)という機能が備わっています。

暑くなると汗をかくことで体温が下がるように、人には一定の状態を常に維持する機能が働いています。この機能をホメオスタシスと言います。停滞期が起こる原因も正にこのホメオスタシスにあります

つまり、

今までよりも体重が少なくなってきている

体が危険にさらされているのではないか?

体重が落ちないようにしよう!

と脳が判断をし、エネルギー代謝を抑えこむなどして痩せないように働きかけているのです。

これは命を守るために体に備わっている重要な機能ですので、どうすることも出来ません。

しかし、停滞期が来る ということは体重が順調に減ってきているということですので、今までやってきたダイエットが成功しているということです。諦めたりイライラしたりせずに、「これはダイエット成功の証拠なんだと安心しておきましょう。

停滞期の間も脂肪は燃焼し続けている

脂肪の量=体重ではありません。

正しい体重のはかり方にも書いていますが、水分の量などで簡単に体重は変化するものです。

体重が変わらない”停滞期”の間も、実は脂肪は減っていっています。

代謝が抑えられているのでペースはゆっくりですが、ちゃんと脂肪は燃焼しているのです。

では何故体重が変わらないのかと言うと、脂肪の代わりに水分が体にたまっているのです。

生理中と似たような状態です。

そして停滞期から脱出すると、このたまっていた水分は一気に排出されます。

今日はいつもよりトイレが近いなあ」と思ったら、それは停滞期終了の合図かも知れません

水分が抜けるとその分体重が減り、体も引き締まります。

停滞期の過ごし方

ダイエット停滞期は「見た目が変化している」

私も何度も経験していることですが、

自分が痩せたと思っているとき程 周りの人に気づいてもらえず、

体重が減らない時や、前回会った時と体重が同じ時なのに「痩せたね」と言われることの方が多い

のです。

体重が増えるときも減るときも、それが見た目に反映されるのには時間差があります。

そのせいなのか、停滞期を迎えるまでに落とした体重が、見た目にはっきり表れてくる(痩せたね と言われる)のが停滞期の時期になる場合が多いです。

普通に考えたらそうですよね。
体重が1kg減ったからといって、見た目まですごく変わっていたら怖いですよね。

逆に太った時も同じで、1日で体重が2. 3kg増えたからといって見た目はそんなに変わりません。(だから、油断して太ってしまうのです。)

「体重が落ちない」と悲観するのではなく、腕周り・お腹周りなどのサイズの変化を楽しみましょう。
その為にも、週に一度はきちんと自分のサイズを測っておくことが大切です。

停滞期も「今までどおりダイエットを続ける」

繰り返しになりますが、たとえ体重が増えていても「見た目や体のサイズで判断する」など、色々な角度から自分を見てみることが大事です。
(運動を何もしていない人やダイエットをしていない人は体重を気にした方が良いです。)

そして先程も書いた通り、体重が減っていなくても体内の脂肪は減っていっているので、ここでダイエットを諦めてしまうのは勿体なさ過ぎます

今までと同じようにダイエットを続けましょう。

変に焦ってハードなダイエットをする必要はありませんし、ダイエットをハードにすることが逆に停滞期を長引かせる可能性もあります。

 停滞期はいつまで続く?

停滞期の原因は体を守ろうとする防衛機能なので、「今の体重で問題ない」「飢餓状態ではない」と体が判断すると停滞期から脱出します。

個人差はありますが2週間から2ヶ月ぐらいです。

もし、何ヶ月も体重が減らない時は停滞期ではありません。

この場合、

「間違ったダイエット(極端な食事制限など)」により代謝が落ちてしまっていることや、

「同じ運動ばかりしていた為に、体が慣れてしまい体重がそれ以上減らない」ことなどが原因です。
無茶な食事制限や単品食べは、代謝を上げる栄養が不足してそれ以上痩せることができない、または飢餓状態になっている恐れがあります。

このような誤ったダイエットはリバウンドの原因となる or 健康を損なうだけなので、今すぐやめましょう。

食事だけでなく運動も同じです。
同じ事ばかりしていると体はそれに慣れてしまい、体重に変化が見られません。

体重を維持する目的ならそれでも構いませんが、減量する為には”新しい運動に変更”したり、筋トレなら回数を増やすなどして、体に刺激を与えてあげることが大切です。
その為にも、初めからいろんな運動をしたり、たくさんの量をしない方が良いです。

少しずつ行う様にしましょう。

停滞期はダイエット成功の証としてプラスにとらえる

体重が減らないかたといってイライラせず、

「次、痩せる為の準備期間。」 「やっと見た目に変化が出てくれる!」 などプラス思考で考えましょう

ダイエットが成功しているからこそ停滞期が来るのですから。

停滞期という言葉を使うのではなく「見た目が変わる時期」と置き換えましょう。

決して焦ったり挫折したりすることのないように、「正しい知識」でダイエットを続けていきましょう。