野菜は加熱すると栄養が失われる?

加熱すると野菜の栄養は失われる?

野菜の栄養

ダイエットの為、美容の為にたくさん野菜を摂りましょう」 というと、生野菜のサラダばかり食べる人が多いです。

野菜のビタミンや酵素は加熱すると失われてしまう! というのがその理由のようです。

たしかに、レタスやトマト・なす・キュウリなどに含まれているカリウムやビタミンC・ジアスターゼ(消化酵素)は加熱すると何割か減少してしまいます。

しかし、だからと言って、 生の野菜サラダばかり食べたほうがダイエットに効果的なのでしょうか?

そのサラダ、栄養は十分ですか?

サラダの栄養

加熱するとたくさん野菜を摂ることができる

お皿にたっぷり盛り付けられたサラダ。
十分に量も栄養も摂れるように思いますが本当にそうでしょうか?

試しにサラダを全部茹でてみてください。
ゆがいてしまうと沢山あったサラダがほんの少しになってしまいます。

生のままだと多く見えるサラダも実際は思っているより少ないのです。

逆に加熱した野菜はビタミンB1やビタミンCなどが若干失われるものの、十分に量を摂ることができるので失われた栄養素を補うに余りあるのです。

加熱することで全ての栄養が失われるわけではない

ビタミンB1やビタミンCは加熱により失われますが、その他のビタミンや食物繊維、ミネラルは熱に強いので、 加熱することで全ての栄養が失われるわけではありません。

また、野菜そのものが加熱に強い場合もあります。
いも類やカリフラワーなどに含まれるビタミンCは加熱されてもあまり失われません。

野菜を加熱することで吸収率が良くなる

加熱することで、栄養の吸収率が良くなるというメリットもあります。
せっかく摂った栄養も、体に吸収されなければ意味がありません。

たとえば、緑黄色野菜に含まれるβカロテンやビタミンEなどは油との相性が良いので加熱調理向き
玉ねぎにら、生姜などは代謝促進、殺菌、疲労回復など薬効成分が強い野菜ですが、生で食べると体への負担も大きいので、加熱調理した方が安心です。

特に便秘に悩んでいる方は、加熱調理した野菜を多くとった方が十分な量と食物繊維をとることができるので、サラダを一生懸命食べるよりも便秘改善につながりやすいです。

カロリーよりも栄養バランスが大切

炒めものや煮物だと油や調味料を使うのでカロリーが気になる方もいるかもしれません。

しかし、生野菜ばかり食べていて栄養が不十分だと代謝の低下・便秘の原因・肌荒れやストレスなど、カロリー以外のマイナス面が多く、
結果的にダイエットの効果は少なくなるか、リバウンドの原因となります。

カロリーの摂取量もダイエットには大切ですが、それよりも重要なのが「バランス良く栄養をとれているかどうか」です。

生野菜ばかり食べるのではなく、加熱調理した野菜もきちんとバランスよく食べて、野菜の栄養を無駄なく取り入れましょう。

広告