春から夏はやせにくい季節

季節で異なるダイエットの効率 【春〜夏】

「春・夏・秋・冬」、季節が変わればダイエットの効率も変わってきます。
春夏はやせにくい

春〜夏はやせにくい季節

年末年始やお正月。冬は食べ過ぎてしまうことが多く、さらに夏場は露出する機会が増えるので、それまでに「痩せよう!」と、春から夏に向けてダイエットをする人がとても多くなります

しかし、この春から夏が一番痩せにくい季節なのです!
一般的に、春から夏に向けての暖かい季節は、冬に比べて基礎代謝が少なくなります
気温の低い冬と違って、寒さから体を守ろうと体温を維持するために使うエネルギーが減るからです。
さらなる理由が2つあります。

花粉症が「やせにくくなる」原因!?

年々花粉症の方が増えています。
目がかゆい、鼻がムズムズする、喉がイガイガする、といった症状はストレスが溜まります。その上さらにダイエットをするとどうでしょう?

痩せるためには、今までの食生活や生活習慣を正しい方へと改善しなくてはなりません。
はじめのうちは、少なからずストレスを感じるでしょう。

花粉症でストレス × ダイエットでストレス = ストレス倍増!

これでは痩せるものも痩せません。

また、花粉症で頭がボーッとしていると体も思うように動けず、運動をしても効果があらわれにくいです。

さらに花粉症で薬を使用する人は消費エネルギーが少なくなるため、ダイエットの効率が一層悪くなる可能性が高いです。
何故なら、アレルギー症状を抑える薬は、体の代謝機能全体を抑制する傾向にあるからです。

梅雨は湿度が上がり代謝が下がる

梅雨はむくみやすい
春から夏が痩せにくい理由のもう一つは、「梅雨」です。

湿度が高くなると、余分な水分を排泄出来なくなり、代謝が悪くなります。
むくみやすくなり、さらに むくみが取れにくいといったことも。

特に、脂肪と水分量が多い「水太りタイプ」の方は、普段でも上手く水分を排泄することが難しいのです。そういった方が、梅雨時期にダイエットをすると更に痩せにくくなります。

正しく水を飲んで「水太り」体質を解消する
正しく水を飲んで「水太り」体質を解消する
水太りの原因と改善方法 水太り体質 「ダイエットには水が大切」の記事でお話した通り、代謝を上げてむくみを解消する為には水を飲むことが...

また、湿度が高いと体が重だるくなり、やる気がでないといった症状に。

これらを、少しでも改善するためには、麦茶や紅茶など水分の排泄を促すお茶をホットで飲んで、水分代謝をあげること。
食事では、カリウムやマグネシウムの多い、フルーツ・海藻・豆類などを多く摂るように心がけることです。

また、体が重だるいからといって、ダラダラするのはNG!
ウォーキングヨガなど軽い運動で良いので、体に溜まった熱を汗で追い出しましょう。

水分が上手く排泄できないことで、体に熱がこもって、だるくなっているのです。

そのこもった熱を追い出すことで体は不思議と軽くなり、気分もスッキリします
なので、重い腰を上げて軽い運動を行いましょう。

効率良く痩せるには、春や夏といった暑くなる季節ではなく、秋や冬といった寒くなる季節からはじめましょう。
何故、冬が一番痩せやすい季節なのかは次の記事にて
↓↓
https://beauty-health.xyz/season-2/

スポンサーリンク